案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2018年8月14日火曜日

昭和37~41年 小田急

 昭和30年代に独特の景観があった国分寺崖線。 成城の国分寺崖線を下ったところに野川がが流れ、一面ブッシュが生い茂る平地に今は小田急喜多見検車区の施設が建つ。この当時の面影残すのは成城に向かう不動坂にある喜多見不動堂くらいか。

成城から下ったところに曲がりくねって野川が流れ、鉄橋をくぐった先に水車小屋があった。
 成城-喜多見  1964.2.25

喜多見から成城へ勾配を上る。 1964.2.25

現在の風景からは想像もできない一面ブッシュが生い茂る風景。 成城-喜多見 1964年2月


成城方面に国分寺崖線の木立が続く。 喜多見  1962年12月

成城の坂を上るSE車。 1966.4.11

美しい2320形。  喜多見  1962年秋


ロマンスカーの面影残す1700形が喜多見の畑を行く。1962年秋

 喜多見駅。1966.4.11

社紋が入った三角屋根の喜多見駅。1966.4.11

今は地下駅となった成城学園前駅。1964.2.11

2018年8月13日月曜日

昭和38年 田辺さんの東京散歩

1964年東京オリンピック開催後、昭和40年代に入ると東京の風景も面白くなくなってしまった。ところが、その僅か数年前の昭和38年の東京にはこんな風景がころがっていた。当時はこれが当たり前で私はカメラを向けることがなかったが、今、写真で見ると大変な風景だったのだ。

撮影:田辺多知夫 1964年12月
都電はやはりこの時代の車が入るとインパクトがある。

今やお洒落な恵比寿駅前もこんな風景であった。

恵比寿から駒沢通りを中目黒へ向かう8系統。

 恵比寿の米軍DD12
部分拡大

ED17

ED16

五反田駅前

2018年8月10日金曜日

写真展「地方私鉄 1960年代の回想」のお知らせです。

先日、ギャラリーのHPで写真展案内が公開されましたので改めて詳細をお知らせします。

今年4月発売の写真集「地方私鉄 1960年代の回想」のテーマで写真展を新宿のリコーイメージングスクエア新宿で開催します。写真集以外の写真も含め1960年代の地方私鉄約40点を展示します。原画ならではの味わいをじっくりとご堪能下さい。
約2週間、毎日会場に立合いますので是非お立ち寄りください。

会場は新宿西口のセンタービル中地下1階にあります。新宿駅 西口 徒歩約8分
会期
 2018年10月3日(水)~10月15日(月)10月9日(火曜)は休館
 10:30~18:30(最終日は16:00終了)
会場
 リコーイメージングスクエア新宿 ギャラリーⅠ
 〒163-0690
 東京都新宿区西新宿1-25-1
   新宿センタービル中地下1階 050-3534-6371


2018年8月8日水曜日

昭和37年 小田急

子供の頃、小田急経堂駅の脇にあった車庫の隅に留置されていた緑の小型荷物車をよく見掛けた。1941年廃車となったモニ1形の1、2のどちらかの廃車体だったのだろう。緑の小型荷物車はまさに模型入門機のような電車であった。

原型モニ1形(1927年製)は4両いてモニ1形の3、4はモユニ1形に改造され、その後改番でデユニ1000形となった。これが1960(昭35)年まで活躍していたデユニ1000形(モニ1型の全長大きくした)であった。

私が撮り始めた1962(昭和37)年は、デユニ1000形は既に元井の頭線の車体に載せ換えられてすっかりイメージが変わっていた。
それにしても小田急の荷物車の遍歴は大変にややこしい。この頃はさらに1100改造のデニ1101もいた。
むーさんから画像をお借りしました。モニ1形のイメージを残す車体載せ換え前のデユニ1002. 昭和35年6月 小田原駅.この数か月後に車体載せ替えが行われたのですね。


1500形(元井の頭線)の車体に交換されたデユニ1001. 経堂車庫 1962年春
10年前にスキャンした画像.

以下は昨日再スキャンした画像で、どうやらビネガーシンドロームなしネガでも画質の劣化が進んでいるようだ。それより、視力の劣化の方が問題で果たしていつまでこんな判別ができることやら。

同形デユニ1002と手をつないだ前は1100改造のデニ1101.  喜多見-成城 1962年秋

準特急用2扉セミクロスシート車2320形.翌年には3扉通勤用に改造された.喜多見1962年秋

寂しい和泉多摩川の鉄橋を行く1600とSE車.

以下は田辺さんが撮ったデニ1101
玉川学園 1063年10月

生田 1964年5月

参考:鉄道ピクトリアル アーカイブセレクション① 小田急電鉄1950~1960

2018年8月5日日曜日

団塊世代の青春時代

私が会社に入ってその4年後にどっと入社してきた世代が団塊世代社員のスタートでした。
私が盛んに地方私鉄めぐりをやっていた大学2~3年の頃、地方私鉄の通学時間は高校生で大盛況でした。日本の子供たちがピークで日本が最も活気ある時代であった。

最近、気づいたのですが、私の4学年下とは私が私鉄めぐりを盛んにやっている頃に団塊世代は高校生だったのですね。だから駅や列車は溢れんんばかりの高校生で大盛況だった。朝の東和歌山の高校生達も団塊世代だったのですね。
もうこんな時代は来ないでしょう。

朝の東和歌山駅前。1964.7.10
小さな電車に乗り切れないくらい高校生が溢れていた。


2018年8月4日土曜日

常磐線 四ッ倉にまつわる話。

四ッ倉を訪問したのは1963年の秋だった。
この頃の常磐線にはあの有名なC62牽引の特急「ゆうづる」はまだ登場してなかった。
C62「ゆうづる」と言えばストロボ撮影で有名な田澤氏、彼はこの頃1/80 13mmと10.5mmナローをやっていた。

四ッ倉の古典ロコ600形を教えてくれたのが、この頃アルバイト先の福島模型で一緒だった慶応の小川氏であった。
彼は盛んに磐越東線D60に通い詰めていて、私は彼の撮影旅行の徹底ぶりにかなり影響を受けた。地方私鉄めぐりも彼の徹底したやり方で旅をしようと。
この頃、彼は確か1/80で四ッ倉600形を作っていたが、その後、Nゲージに転向しスクラッチビルドで古典蒸機専門に製作を続けているようだ。
福島模型のアルバイトでは田辺さんも一緒であった。ちょうど東京オリンピックの工事が盛んな頃で武道館や科学技術館が工事真っ盛りであった。

 撮影:1963.9.29
四ッ倉の駅前。 海に向かって道路が延び駅前には旅館があった。  

磐城セメント四ッ倉のナスミス・ウィルソン社製600形の脇を常磐線が走る。

磐城セメント四ッ倉工場の600形。

常磐線 C62が牽く各停列車。四ッ倉

丘に登り海を眺める。

近くで行われていた四ッ倉の葬儀風景。

気動車特急「はつかり」 四ツ倉から北は架線がなくすっきりしていた。

1965年に登場したC62特急「ゆうづる」 1966.8.9  撮影:田辺多知夫

C62特急「ゆうづる」 末続あたりか?   1966.5.4 撮影:田辺多知夫

2018年7月29日日曜日

玉電 引込線があった用賀駅(再掲)

引き込み線あった用賀駅のことをアップしたのが2012年2月1日、あれから早や6年以上がたちました。引込み線の話題がFacebookにあったので、奥まってしまった6年前の記事をコメントそのままに引出してみました。

この側線の先を右へカーブしたところは一体どんなであったのか。宵闇さんがネットで調べて教えてくれた凄いサイトによると、そこには映画館「用賀新東宝」、用賀ストア、大衆食堂、床屋があり、ガレキ広場の先で引き込み線が終わっている画像(映画のロケ地)が出てきた。
航空写真もあって、それによれば引込み線の終端は今の世田谷ビジネススクエア(高層ビル)辺りになる。現在の田園都市線の用賀からは想像もつかない用賀駅前があったのですね。


当時の玉電用賀駅にはちょっとした引込線があり路面電車の単調な駅に変化を与えていた。この頃の路面電車の存在は人々の生活に密着していたのでしょう。


引込線が右へカーブしていく。側線はホーム脇まで延びていて子供達の遊び場になっていた。1969.4.22 


用賀の駅を出て左にカーブし大山街道を玉電瀬田へ向かう.  1965.7.27
現在の用賀駅前のカーブ。 2015年4月

上の写真の踏切を渡ると木立の脇をカーブし併用軌道(大山街道)に入る。1965.7.27
現在の用賀駅前。 2015年4月


桜新町を過ぎ専用軌道区間の坂を下ると用賀に到着する。 1969.4.22
左にホーム脇まで延びた側線が見える。

夏の日の用賀駅 1965.7.27

2018年7月25日水曜日

藤崎宮前

熊電の始発駅「藤崎宮前」には熊本市交通局の今はなき1系統4系統が走っていました。以前、ブログに取り上げたことがありますが別の写真で再度アップしてみます。

撮影:1967.3.6
上熊本へ向かう4系統。藤崎宮前



藤崎宮前の分岐点を直進する1系統を走る、その後運転中止となった5系統 浄行寺行き。

背後に熊本城を望む熊電の藤崎宮前駅。

藤崎宮前駅(再掲)

藤崎宮前といえば、朝のラッシュが終って側線に休むカマボコ型トレーラの光景。

ハ54+ホハ58。藤崎宮前

 北熊本にいたのがホハ59とホハ57と化粧直し中のハ。