案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2021年2月18日木曜日

奥山線の気賀口

20日発売の鉄道模型趣味(TMS) 3月号の"失われた情景"第21回は遠鉄奥山線です。





曳馬野からやって来たキハが気賀口に到着する。1964.3.23

駅を出ると井伊谷川の手前で急カーブする線路、川の向こうの小高い丘、のどかな駅と民家、そんな温暖な奥浜名湖にあった気賀口風景をTMSに纏めてみました。
ここにある写真はTMSに掲載できなかったものです。 

眠たくなるような長閑な気賀口の駅。


構内図下絵

2021年2月11日木曜日

みりんと流山電気鉄道

田辺さんが撮った昭和39(1964)年の流山線風景で、この時代の沿線には春の季節感あふれる田園風景があった。改称激しい今の流鉄はこの時「流山電気鉄道」であった(1967年流山電鉄に改称)

流山の「万上みりん」輸送がトラック輸送に切替えられる直前で「万上みりん」を鉄道輸送していた時代だったようだ(万上みりん工場の引込線は1966年撤去された)。
みりん以外の貨物輸送は1976年まで続いた。


撮影:1964.4.23 田辺多知夫氏

春の田園風景を行く混合列車モハ100形+ワ11。1964.4.23
みりん輸送に使われたと思われる小型木造貨車ワ11(1964年10月廃車)とワフ31(1965年10月廃車)はこの直後に廃車となった。 



この時代に主力だったモハ100形(旧南武鉄道)4両は1979年に全廃となった。

自然豊かな流山駅。
駅の背後に迫る台地に無数の樹木があったがその後樹木の全てが消えた。

流山駅の一端に貨物駅とみりん工場の引込線み線があった。小型木造貨車ワフ31が消えた翌1966年に引込み線が撤去された。この写真を撮った時のみりん工場は野田醤油醸造㈱であった。

万上みりん工場の経緯
1917年 万上味醂㈱を設立
1925年 野田醤油醸造㈱が万上味醂㈱と日本醤油株式㈱を合併
1964年10月 キッコーマン醤油㈱に改称
2006年 みりん部門を流山キッコーマン㈱に分社。
現在 流山キッコーマン㈱で万上みりんを製造している。

2021年2月6日土曜日

井笠の9号機(コッケリル製)

くじ場にいた井笠の9号機(ベルギーのコッケリル製Bタンク)

臼井茂信さんの「機関車の系譜図2」にこの機関車の詳細な経緯など調査報告が掲載されています。1967年にくじ場の格納庫にいた9号機は1968年には笠岡に保存され、その後転々とし現在は井原に保存されているようです。

この写真は兄が撮影したもので撮影日、場所は不明です。

 井笠9号機(コッケリル製) 伏見桃山城  撮影日不明

くじ場の蒸機は2011年5月にこちらでも紹介しています→くじ場のSL2


井笠9号機 くじ場の格納庫 1967年

2021年2月4日木曜日

井笠の7号機(コッペル製)

井笠鉄道で1961(昭和36)年10月に廃車となり解体処分される予定が、奇跡的に助かり各地を転々と移動しながら近年では長野県の「野辺山SLランド」に引取られ静態保存されてきました。2018(平成30)年8月31日で同園が閉園となり、2019年に古河足尾歴史館にて保存されました。
(古河足尾歴史館HPより)


古河足尾歴史館のトロッコ館野外に展示された7号機。  2020.11.21
2019年到着したままで未整備の状態。

7号機は井笠で最も力のあるC型蒸機で神辺線の天井川の勾配で客車を牽いて活躍したそうです。神辺線の天井川とは両備国分寺と湯野の間に流れる高屋川支流のことで、両備国分寺を出るとすぐ高屋川支流の土手を登る。この急勾配で使われたのが6号でなく7号機だったが、それでもスリップ発生で機関助手が砂撒きしないと登れないこともあった。
(幼少時代から神辺線御領に住み軽便が生活の一部であった方の昭和20年代初頭のお話)


今や神辺線の廃線跡めぐりが盛んに開催されているようで、コンクリート高架の井原線に比べ昔の軽便神辺線の鉄道施設がいかに小さかったかで驚いているようです。もしかしたら今は軽便程度の規模で輸送力は十分かもしれません。


井笠の中で最も美しいと言われている7号機(コッペル) 。廃線後、各地を転々として足尾の安息の地にたどり着いたのが何よりです。


7号機を初めて見たのはくじ場車庫であった。  1962.7.30




2回目の訪問ではくじ場の格納庫に保存されていた7号機。1967.3.8

4両の蒸機8,7,9,3号機が鎮座していた格納庫。


美しいコッペル7号機と同型の6号機。くじ場車庫。

2021年1月20日水曜日

早春の津軽五所川原駅

 本日発売の鉄道模型趣味(TMS) 2月号の"失われた情景"第20回は津軽鉄道です。

現存している路線でしかも多くファンが撮影している人気の津軽鉄道。
何が失われたのかをどう表現するか、えらい時間を掛けた原稿でした。

乗客の賑わいと様々な車両が在籍しよくこんなに居たと思われる車両の数。
それと当時健在であった貨物輸送など、ある時代の津軽五所川原駅風景があった。





今月号は何故かモノクロ印刷が素晴らしく岩木山が列車の背後にうっすらと出ています。

2021年1月1日金曜日

新年

 明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

内野

沼尻鉄道 1964年正月。1月2日には硫黄の輸送が開始された。


夜明けから日が暮れるまで夢中で撮っていた時代に呆れてしまいます。
今はどこかの路線を撮影してもあの頃の半日分くらいしか撮れません。


車内にあった暖房の火鉢。ボハ6
火鉢でタバコに火をつけたのか吸殻が散らかっています。


磐梯山とDC122


硫黄を積んだセタ



2020年12月26日土曜日

両国駅

田辺さんが撮った昭和38年から両国駅をアップしてみます。
この頃は地方に行かなくても上野、両国辺りでふんだんに蒸機が撮れた時代でした。


撮影:田辺多知夫氏 1963.6.8

DD13、クハ55、C58


蒸機天国の両国駅 C58、C57、8620






両国機関区


86の貨物列車


準急「内房」


準急「外房」

2020年12月20日日曜日

雪の永平寺駅

本日発売の鉄道模型趣味(TMS) 新月号の"地方私鉄 失われた情景"第19回は「雪の永平寺駅」京福電気鉄道永平寺線線です。

1968年、永平寺線では旧永平寺鉄道から引き継いだデハ104~107が活躍していて、三国港(東尋坊)~芦原温泉と永平寺詣の観光客を運んでいた。この日、日本海は大荒れであった。



TMS新年号.

永平寺駅の105.  1968.1.14

永平寺駅.


永平寺唐門.

2020年12月13日日曜日

後楽園駅の訪問記

西大寺鉄道の後楽園駅の跡に、竹久夢二の郷土美術館本館が建てられているのを今日初めて知りました。夢二生家記念館は西大寺の西方 瀬戸内市にあるのですね。

竹久夢二の待宵草と太宰治の月見草は似たようなイメージの花で、私にとってこの二人も似たイメージがあった。津軽が故郷なのは太宰治で、竹久夢二の故郷は岡山であった。

西大寺鉄道が現役時代に訪ねた後楽園駅の記録を書き出してみました。

西大寺鉄道 後楽園駅


岡山電軌
昭和37年7月29日
朝7時過ぎ岡山市内の宿を親切な女中さんに送ってもらい出発した。いよいよこれから西大寺鉄道訪問で後楽園の駅まで岡山電軌を見ながら歩くことにした。朝のメインストリートには岡電の単車が車体を前後に揺さぶって走っていた。


後楽園駅のキハ7
大きな堀を渡るとそこは後楽園、そこを左へ曲がりまた橋を渡ると「西大寺市行のりば」の看板がある後楽園駅が目前に現れた。待合室にいる乗客はお婆さんが二人だけ。駅に荷物を預け(15円)駅舎などを撮っているとボギー気動車キハ7がホームに入って来た。


キハ7車内
発車まで車内ではバス運転手と同じ格好をした運転手が朝刊読みながら客席シートで一服
していた。お客が4~5人乗るといよいよ発車で私は運ちゃん横の特等席に座った。

エンジンがブルルンと掛かるとチェンジギアのレバーを入れ替えて気動車は動きはじめた。
やはりナローの乗り心地は格別でカタンカタンとレールの気持ち良いジョイント音を響かせて民家の軒下をかすめて進んで行った。運ちゃんの気楽な恰好の足元はサンダル履き。

しばらくすると田んぼの中一直線の草ぼうぼうの線路を気動車はえらくスピードを上げてきた。左手に山陽本線が見えてくると、まもなくして気動車は財田(東岡山)駅に到着した。


財田の交換