案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2019年5月21日火曜日

浅間線 中浅間駅

浅間線に中浅間という駅があったのですね。
それに気づいたのは私の写真集に使った早朝の駅が浅間温泉駅ではなく中浅間駅であるのを今年初めにchitetsuさんが教えてくれたからでした。

chitetsuさんのブログ2017年8月26日の「浅間線の残影」によれば、廃線後も中浅間駅はバス停として使われ、しかも廃線跡がバス専用線としてよく面影を残していて1989年に撮られた写真が紹介されていました。
http://tsurikakedensha.blogspot.com/2017/08/blog-post_26.html

私が廃線後に訪問したのはその20年後2009年夏で駅舎は無くなり道路はすっかりその姿を変えていた。
確かにバス停に中浅間とある。

浅間温泉街に入る道路との踏切(脇に石碑が)がこの位置で、下浅間を過ぎてこの先を右にカーブしたところに中浅間駅があった。ここから終点までがバス専用線になったのでしょう。1963.7.20

浅間温泉の一つ手前にあった朝の中浅間駅。私の50年間の思い込み浅間温泉駅ではなかった。よ~く見れば機回り線がない。

石碑と踏切があったところで、アーケードをくぐると浅間温泉街へ向かう。2009年 

廃線跡は立派な道路になり、松本駅から美ヶ原へ向かう観光バスがここを走っていた。

2019年5月19日日曜日

浅間線 夏の松本市街

写真集「地方私鉄1960年代の回想」(上)の浅間線では取上げなかった写真をアップします。

クルマ社会の到来による客の減少が廃線の理由であったが、廃線一年前の夏の浅間温泉行き電車は乗客で賑わっていた。松本駅前から浅間温泉に行くには浅間線の電車しかなく、廃線になってから浅間温泉行のバスが運転開始されたそうだ。

撮影:1963.7.20
松本駅前の片隅を発車した電車。

朝とは趣を変えた日中の松本駅前。こんな風景は現在の松本駅前の風景と全く結びつかない。

松本駅前ではこんな光景もあった。

夏らしい駅前通りに古風な店が並ぶ。朝は道路にバスが次々やってきたが、日中の道路にはクルマはまだそれほど多くない時代。

駅前通りの先に夏の雲と山並みが見える。夏の強い陽ざしも今と違って優しかった。

どの電車も乗客で賑わっている。道路沿いの民家が味わい深い。

いかにも昭和らしい看板掲げた街並みに浅間温泉へ向かう木造電車がよく似合う。

松本駅前から六つ目の電停「学校前」と映画看板

2009年の松本駅前通り.ビルで大通りが暗い。

2019年5月16日木曜日

1枚の写真から 浅間線の失敗

マイカメラを持って2年目の夏に訪れたのが松本電鉄の浅間線でした。
素晴らしい木造電車に、堪らず電車を手前まで引寄せて撮ってしまった。
あまりにも電車の顔がデカ過ぎてうるさくせっかくの家並みも見ることができない。

この大失敗からこんな撮り方の写真では使い物にならないを自覚し、
この夏以降からは努めて車両の大きさをよく考えて撮るようになった。
本ブログにも使っていなかった1枚でした。


浅間線の1枚 1963.7.20
行先表示が松本行だが浅間温泉へ向かっている中浅間のカーブ。

2019年5月15日水曜日

東野鉄道 気動車のエンジン

キハ501(元五日市鉄道)のエンジン日野DA-54D以外は既に紹介ずみの画像ですが、画像再調整して本日のFBにアップしましたのでブログでも取り上げてみます。

撮影:1966.12.30
黒羽機関庫の外に給水塔と給炭場があり、その先に休んでいるハ33とキハ502が見える。
この時代の東野にはキハ501、キハ502、キハ503の3両のボギー気動車が在籍していた。

庫内ではキハ503のエンジンを外して分解整備中。
外したエンジンが左の台車上に見える。

壁に掛けた工具類

台車に載せられたエンジはDMF-13と思われる

機関庫の反対側には元津軽鉄道のDC202(茶色)とDC201(グレー)が休んでいて、
DC202はエンジンが掛かっていて暫くすると給水塔の前に出てきた。

大田原駅のキハ501(元五日市鉄道)

キハ501のエンジン日野DA-54D

参考:鉄道ピクトリアル「私鉄車両めぐり第一分冊」東野鉄道 昭和35年発行

2019年5月11日土曜日

1枚の写真から 奥羽本線新庄駅

facebookに投稿したこの写真、奥羽本線の新庄駅で陸羽東線 陸羽西線の2両の気動車(キハユニ16?)が到着したところです。facebookでは1枚の写真の裏にある陸羽東線の旅の話など書く場ではないのでブログでこの時の日誌を紐解いてみます。

昭和39年夏
終日曇天で落ち込んでいた仙北鉄道の撮影を終えた翌朝、相変わらず曇天の瀬峰を出発し国鉄を乗継いで尾花沢線が出ている大石田に向かった。この時はクリアな写真も天候次第と陽が出てこない空ばかり気にしていた移動であった。

陸羽東線 陸羽西線が奥羽本線の新庄に到着 1964.08.05

上の写真の部分拡大

東北本線小牛田での乗換えで、新庄行き陸羽東線は1時間ほど待ってやっと女川発の気動車がやってきた。超満員であったが大部分の客は降りてしまい席は楽にとれた。隣に白衣で杖をもった人が座ったがどうやら信仰の出羽三山へ行くようである。
広く続く田んぼをしばらく走ったあと急勾配を登ると山奥の鳴子についた。天気が悪くてガスをかぶった山々がかすんでいる。鳴子の駅で車内まで鳴子温泉の硫黄の匂いがしてきたのには驚いた。鳴子で2両を切り離し2両になった気動車は更に勾配を登り県境の峠を越えて下り坂となると一路新庄に向かった。
平地が開けてくると前方の空が青く見えどうやら晴れているようだ。いやな雨雲は次第に遠のき待望の陽が差し込んできた時には堪らず歓喜。夏の強い日差しがギラギラ車内に入り込んできた9時3分 新庄に到着。新庄の空は雲もない青空でガンガン照りであった。

大石田に向かう準急まで時間があったので、新庄の駅前通りを歩くと土蔵造りの酒屋など昔からの佇まいを残していた。フードを買いにカメラ屋に寄ると応対に出てきた店員のメガネが余りにもよく似合っていて、こういう女性をメガネ美人というのだろう。
山形交通尾花沢線が出ている大石田までは新庄から準急に乗って20分ほどであった。




2019年5月10日金曜日

西武山口線の軽便最盛期

西武山口線で最も軽便の雰囲気を楽しめたのはこの2両のコッペルと井笠の木造客車が揃った時期ではないでしょうか。木造客車は最後まで走ったがこの2両のコッペルは頸城鉄道と井笠鉄道に戻ってしまった。画像は大サイズにした再掲です。

1972(昭47)年06月03日 頸城鉄道2号機「謙信号」の運行開始しその後井笠鉄道1号機も入線
1973(昭48)年07月05日 井笠鉄道からの木造客車が配属開始
1977(昭52)年09月23日 頸城と井笠の蒸機に代え元台湾糖業公司の蒸機5型2両の運行開始

軽便最盛期の時期とは1973(昭48)年7月~1977(昭52)年9月の約4年間ということに。

入線2年後の井笠鉄道1号機 西武遊園地 1975.06.01

 ユネスコ村  
井笠1号機が牽く井笠のダブルルーフ木造客車は夢のような列車だった.
軽便蒸機列車は子供達にどんな思い出を残したのでしょうか.

井笠鉄道1号機

頸城鉄道2号機と井笠鉄道1号機の列車交換

頸城鉄道2号機

朝顔カプラーの連結作業

2019年5月8日水曜日

画像テスト 伊達駅前

2013年にアップした福島交通軌道線 伊達駅前の風景をスキャンやり直して比較してみました。曇天のネガのため画像にメリハリがなかったので、スキャン方法を変えて少しでもメリハリがつくようにしてみました。


2013年にアップした伊達駅前の風景
「伊達駅前」の奥には機回し線がある貨物線が延びていた. 1966.12.31
以下の画像5点はスキャンやり直した伊達駅前の風景
再スキャンしコントラスト強めた画像。

軌道線「伊達駅前」にあった小さな駅舎.


銭湯のような国鉄「伊達駅」の寺社造り

駅前大通りの凍り付いた路側軌道

2019年5月4日土曜日

オトギ電車と鉄連の台車

おとぎ電車の客車に使われていた台車が元鉄連軽貨車の台車ということで、安比奈コッペルの入間川河原に放置されていた鉄連の残骸をオトギ電車の台車と比較してみると、両社の形状はかなり違うようだ。鉄連軽貨車の台車も何種類かあったのかも知れない。

頚城2号機の向こうにオトギ電車のロコと21形客車が見え、そこに客車の台車が。1972.8.13
この頃はオトギ電車に気が回らなかった。 

客車の台車は元鉄連の97式軽貨車の台車を流用した。

入間川の河原にあったトロッコ線のレールと運搬車の残骸.1965年2月
板バネが外について軸箱はコロ軸受ではない。

この特殊運搬車は鉄連コッペルと伴に鉄道連隊からやってきたらしい。


参考:「写真で見る西武鉄道100年」発行 ネコ・パブリッシング

2019年5月3日金曜日

西武山口線オトギ電車と鉄連コッペル

西武山口線は頸城と井笠のコッペルが入線して何回か撮りに行くようになったが、子供の頃から走っていたオトギ電車を撮ったのは唯一この写真1枚だけであった。
この時は入間川の元鉄連コッペルを再び撮りに行ったときの帰りで、たまたまやってきたのがオトギ電車であった。頸城2号蒸機が入線し山口線が注目される2年前のことであった。

1972(昭47)年06月03日 頸城鉄道2号機「謙信号」の運行開始
1973(昭48)年07月05日 井笠鉄道からの木造客車が配属開始
1977(昭52)年09月23日 頚城井笠の蒸機に代え元台湾糖業公司の蒸機5型2両の運行開始
1984(昭59)年05月13日 山口線さよなら運転

 
昔ながらのオトギ電車(バッテリーロコ+1形客車) 1968.7.14
「おとぎ電車」に対し「おとぎ列車」の呼び方もあるが蒸機入線から使われたのだろう。

兄が撮影した山口線おとぎ電車さよなら運転 1984年5月
オープンな1形客車で楽しそうな子供たち。

そして家族で楽しんだおとぎ列車(台湾コッペル) 1980年3月

一回目の入間川訪問はこちら→ 安比奈の鉄連コッペル

泥と雑草にまみれた西武3号機(元鉄道連隊E103))と2号機(E16) 1968.7.14