案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年11月27日土曜日

福島交通軌道線 梁川

福島交通のネガカラー(初めて撮ったカラー)数コマと、1枚の福島交通路線図の湿式コピーが見つかったのを機に、前回4月25日~アップ済みの長岡分岐点他を更にアップしてみます。過去のアップ画像を再調整し再アップしているものもあります。

保原~梁川間の梁川線。

福島交通軌道線路線図

レールは泥に埋もれ、その上にボンネットバス、いすゞベレット等が並ぶ昭和41年の風景。
梁川線終着駅 梁川 1966.12.31

梁川駅

駅の奥にはこんな風景が。ホワ13 梁川

梁川駅。 どこでもよく見られたキャブオーバ型バスが待つ駅前風景。
駅の入口には、ジオラマで定番となったポストと公衆電話BOXが。

0 件のコメント: