案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2022年12月3日土曜日

日中線熱塩駅

 元国鉄日中線の日中線記念館(熱塩駅)へ行ってきました。
観光シーズンが終わって訪れる人もなく静まり帰った熱塩駅の遺構。
喜多方は一日曇天で時々雨だった。















街の北方に飯豊(いいで)山系を望む朝の喜多方。


2022年11月23日水曜日

2.5次元のジオラマ

 以前紹介したことがある青木秀敏さんの情景2.5次元化の第2作で
尾小屋鉄道 尾小屋の給水タンクと5号機です。
写真の遠近感を忠実にジオラマに再現したそうです。
どういう理論でこのような模型の寸法を割り出すのか私にはさっぱりわかりません。


5号機の実物画像。PentaxSP 55mmレンズ


いや~よくできています2.5次元ジオラマの完成。


5号機はこんな形に作られている。



背後と側面から見るとこんな形状になっている。


箱に収納された2.5次元のジオラマ空間。

青木さんを悩ませた5号機のランボードの傾き。真横から見るとこんなです。

2022年11月17日木曜日

扇島のピーコック

1964年12月、扇島のピーコック(三井埠頭1号機)に時々火が入り稼働することがあった。
元国鉄5500形2Bテンダー機を2B1タンク機に改造したB10形10両の内の1両。

今月発売の鉄道模型趣味12月号にB10を2両製作した「2両のB10」Beyer Peacockの記事があった。元国鉄B10形の4号機が三井埠頭1号機で、6号機が小湊鉄道6号機だそうだ。



鉄道模型趣味2022年12月号

1964.12.25

いつもこの小屋に棲んでいて時々出てきて動くことがあった。


川崎市鶴見地区の一帯は大変な排煙で常に空がかすんでいた。
日本の高度経済成長期が真っ只中の頃。


南青山の写真展

 日藝 写真展「Railway 髭おやじとゆかいな仲間たち」11月16~28日開催。
ギャラリー ストークス(東京都港区南青山6-2-10 TIビル 4F
の初日を観てきました。

写真展の案内


会場に入ると中央に展示されたアメリカンOナローのセクションレイアウトが目を惹きます。





2022年11月15日火曜日

谷根千

 コメント欄で谷根千の話題が出たところで、先日歩いた根津~千駄木の風景を数点アップしてみます。


根津神社





2022年11月14日月曜日

慌ただしい11月

11月も早や半ば、この半月があっという間に過ぎた。
先月から何人かの40~50代の現役世代とお話すると、デジタル社会の進化や価値観の変化があまりにも急激で、私のようなリタイア生活者が今の時代についていけないのは当然か。


久しぶりの歌舞伎町で現役世代と夜飲み会。


銀座で同期生と昼のみ会。





秋の多摩湖自転車遊歩道(小平)を歩く。


鉄談議 昼のみ会。


下町 千駄木で出版祝いの会。

2022年11月2日水曜日

尾小屋駅の物置小屋

尾小屋駅の終端にあった物置小屋2棟が撤去されたようです。
よくぞ最近まで小屋が保存されて来たものです。
これで尾小屋駅の面影も殆ど消えてしまったことでしょう。
 

清流の畔にあった小屋2棟。


三重交通から来た時はボロボロだったホハフ7も少し綺麗になっていた。


1964.12.30


5号機に火が入った日。1970.11.3


初めて尾小屋鉄道に乗って訪問した終着駅尾小屋。1962.8.1

2022年10月19日水曜日

遠のく昭和の時代

益々遠のく昭和の時代。

こんな鉄道シーンが当たり前だった日本。


尾小屋鉄道 新小松 1964年12月 


遠州鉄道奥山線 さいわい 1964年10月



淡路交通 宇山駅 1965年8月

2022年9月23日金曜日

桜木町駅


大岡川

先日、桜木町駅に下車したところ、余りの変貌で昔の横浜市電の軌道と国鉄の位置関係が全く分からなかった。昔の地図と写真を付けあわせて、かっての位置関係を割出してみようと取りあえず写真を並べてみた。


1961~1969年の桜木町駅と道路

桜木町東口の駅前風景との市電電停 1963年。
スタジオジブリ作品の公開場面8作品、合計400枚提供の中から
コクリコ坂50枚の1枚(ジブリの公式サイトより)
現在の桜木町東口の駅前はこの辺りに横浜桜木郵便局のビルが建っている。



桜木町東口の電停を発車して海に向かうとすぐ弁天橋を渡り本町通りに出る。1963年

以下3点は撮影:田辺多知夫氏
桜木町西口の16号線上にも電停があった。1963年
北方に東横線の駅があり、右手根岸線高架との間にできたのが現在の旧横ギャラリーでここが鉄道発祥の地となる。


市電電停「桜木町駅前」を出ると根岸線ガードをくぐりその先で大江橋を渡る。1963年
また、根岸線ガードの手前で左に分岐し急カーブして桜木町東口の駅前に出るとそこに電停があった。


殺風景な桜木町西口の大通り(16号線) 1963年
手前の高架の先に東横線の駅が見え、根岸線ホームは左にカーブしている。