案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2020年8月2日日曜日

淡路交通 長田駅

福良から目ぼしをつけた長田駅で下車したのは長田~広田間を撮り歩く目的であった。この2枚の写真が長田駅であるのは駅名表示板からすぐ確定できた。長田駅は石碑や花壇のある変わった駅の印象があった。

撮影:1965.8.2
花壇があり明るい感じがする長田駅にやってきた洲本行モハ1010+モハ1011は淡路交通を代表するような電車。

石碑がある変わった長田駅。広田←長田→掃守であるのが分かる。

長田駅の駅舎と福良行きの元阪神モハ610+モハ609。元阪神はクリームと淡青のピッカピカの眩しいツートンカラーであった。
夏休みで鳴門海峡へ向かう観光らしき客が多かった。


ところで次の写真2枚は長いこと駅名が不明(推定)であったがやっと長田駅であるのが確定した。上の写真とはイメージが異なるが長田駅であった。

長田駅に到着した洲本行の元南海モハ1003+モハ2009(クハ)。 

元南海モハ1003+モハ2009(クハ) が長田を発車し、この先の最急勾配25‰を登り峠を越える。

2020年8月1日土曜日

淡路交通 掃守(かもり)駅

淡路交通の写真で駅が分からないのが多いが、この3枚の写真は一体どこの駅なのか。
パンタ車の向き、線路配置、建屋、交換可能駅などいろいろメモに書き出してみると3枚の写真はどれも賀集ではなく掃守(かもり)であることが判明した。
終点の福良から元南海たまご型に乗って長田に向かう途中に撮ったものであった。

撮影:1965.8.2
洲本からやってきた福良行き電車モハ1002。

福良からやってきた洲本行電車モハ1003(元南海5枚窓タマゴ形)

元南海たまご形の前方モハ2005 2009。
同じ駅でも撮影位置により随分イメージが異なる掃守(かもり)駅であった。

2020年7月31日金曜日

淡路への道

昭和40(1965)年、夏休みの淡路行は旅の相棒さんと淡路まで一緒でその後のコースは別行動にする二人の折衷案でやっと決定した。淡路まで東海道線ではなくわざわざ信越本線に乗って北陸本線直江津から夜行で大阪へ向かうコースは、とりわけ信越本線長野以遠の蒸機列車を楽しむ大きな目的があった。

初日8月1日は上野発6:24の長岡行鈍行列車に乗って信越本線の旅がスタートした。高崎からは登山やキャンプや避暑に行く若者たちで超満員、デッキに立つのが精一杯であった。

良き時代の上田丸子電鉄。


左の列車が長野に到着した長岡行鈍行のようだ。隣は飯山線のC56


長野では殆どの客が入れ替わった。ここからは待望の蒸機牽引で列車編成が短いのでD51単機であったが途中でD51重連となり後部にC57補機をつけた。

車窓の風景

長野から蒸機鈍行列車と車窓を楽しむ。

柏原(現黒姫)に14:20分頃到着、そこへやってきた上野行急行「白山」。D51重連の急行列車が素晴らしい。田口(現妙高高原)や柏原(現黒姫)からこの「白山」で上野に戻る避暑客が多いのだろう(上野着19:53)。

直江津で北陸本線の大阪行鈍行に乗換え、糸魚川の東洋活性白土の2フィーターを車窓に見て親不知を過ぎる頃から日本海に沈ん行く夕陽を眺める。富山では夜行で大阪方面へ向かう登山客がどっと乗り込んできて車内の客は入れ替わってしまった。
それにしても若者たちが楽しむ夏休みと違って、我々鉄ファンの夏休みはどうしてこんな仕事のような旅をせねばならないのか、ほんとにこれで良いのか悩まされたものだった。


大阪から快速で明石まで行き船で淡路島の岩屋へ渡りそこから急行バスで洲本へ向った。洲本までの道路は舗装されていて淡路のエクボ(凸凹)道ではなかったのが良かったが満員で立ちっぱなし。延々1時間20分やっと洲本に到着した。

洲本の港と街。

2020年7月28日火曜日

奥山線 気賀口~奥山間廃線の直前

これもストロー状となった末期状態のネガを最後のスキャンをしたものです。
再スキャンするたびに画素数を高めて行くので果てしない作業となり、どこかで欲を捨て妥協せざるをえません。

1963年4月30日で区間廃線(気賀口~奥山間)の最後の頃です。

撮影:1963.4.4
 曳馬野から牽いてきた客車をここで切り離し奥山へ向かうキハ1804。気賀口


奥山-中村

 日中1往復のみの列車は左にカーブすると奥山に到着する。

桜満開の奥山駅で発車までの静寂。

奥山から戻って来たキハ1804はキハ1802を連結し曳馬野へ。この先右へカーブした線路は奥山までつながっていた時代。 気賀口

2020年7月22日水曜日

1962年夏 くじ場車庫

1962年夏に撮影した井笠鉄道のネガもいよいよビネガーシンドロームで最後を迎え、改めてスキャニングをやり直してみました。くじ場車庫では様々な車両が賑やかに保管されていた時代であった。

真夏のくじ場駅

1962年夏のくじ場には様々な単端や単端崩れがいて、その中に下津井電鉄カハ2が井笠に来て客車化されたハ18がいた。

1号機の背後では客車の木工作業が行われている。

有名なコッペル1号機


くじ場の保存、現役車両

ハ18と同形のハ17

検査上がりかとても綺麗だったホジ9(現役)

コッペル7号機

立山重工製のCタンク10号機

2020年7月18日土曜日

霞ヶ浦湖畔 桃浦

鉄道模型趣味(TMS) 8月号は連載第14回目、関東鉄道鉾田線の「霞ヶ浦湖畔 桃浦」です。

2007年3月に廃線となった「鹿島鉄道」のずっと昔、関東鉄道鉾田線(元鹿島参宮鉄道鉾田線)は当時も常磐線石岡から霞ヶ浦の奥にある鉾田を結んでいた。1966(S41)年夏の終わりに鉾田線の霞ヶ浦湖畔「桃浦」を訪ねてみました。


先月に「鉾田線 桃浦駅のこと」をアップしましたが、この桃浦駅近くの湖畔を取り上げたものです。TMSの記事では帆曳船の小さな写真を掲載しました。

夕暮れの湖畔を行く旧東横キハと、霞ヶ浦に現れた帆曳船の漁。


2020年7月16日木曜日

井笠鉄道 井原駅

1962(昭和37)年の井笠鉄道で貨物輸送はトラック輸送に奪われ年々減少の一途をたどっていて、この頃は小口貨物が主体であったようだ。井原駅には立派な貨物上屋がありリヤカーに積んで運んでいる風景が写真に写っている。貨車を連結した混合列車も走っていた。

こんな立派な井原駅も1967年4月に矢掛線、神辺線が廃線後は急激に変貌し、ボーリング場がある駅に建替え、その後すぐに鉄道が廃線となりバスターミナルになっている。その後、井笠バスも消滅してしまい中国バスが井笠バスカンパーを設立したが、改めて井笠鉄道末期の悲劇を思い知らされました。


撮影:1962.7.30
井原駅1番線ホームと貨物上屋。 

貨物上屋の拡大写真。

軽便としては立派な貨物上屋。

車庫が2棟あった。

笠岡行きと神辺行きが発着するホーム。

小さなターンテーブル上に休んでいた美しいホハ8。

神辺支線の元高屋 神高鉄道(井笠鉄道が買収)の2軸気動車ジ15。

こちらも神辺支線に使われたボギー車のホジ12。

神辺支線高屋駅の列車交換。ホジ7とホジ12

こんな客貨混合列車もめっきり少なくなっていた。くじ場

O番ナロー(1/48)の井原駅。製作:ナロー屋さん 2009年2月


参考:鉄道ピクトリアル増刊号「私鉄車両めぐり」第1分冊 鉄道図書刊行会

2020年7月11日土曜日

14年昔の写真展

2006年は退職した翌年で、仙台でこんなことがありました。
14年前のこの時は自分の趣味生活がスタートした年。
表参道で軽便鉄道写真展を開催し、その後仙台でも開催しました。
まだブログもFBもやっていなかった頃。

2006年7月



金融機関の2階に画廊がある。