案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2018年9月17日月曜日

都電8系統 中目黒から恵比寿へ

最近この辺りをよく歩くので、昭和42年の中目黒から恵比寿にかけての都電風景を再度並べてみました。この界隈、今のお洒落な街風景とは対照的に、当時はのんびりした風景であった。


ここが中目黒かと思ってしまう風景。 1967.12.03
やはりtifでスキャンしてjpgにすると画質がきれい。

中目黒

中目黒から恵比寿へ向かう今の駒沢通りの坂。2018年9月

築地行きの1200が目黒川を渡る。

駒沢通りの坂を登ると、東横線の代官山が近い。以前はカットしていた画面左右のノイズ(電柱など)も積極的に入れるようにしました。邪魔と思っていたノイズも時代と伴に見かたが変わってくる。

恵比寿駅前の駒沢通り

恵比寿駅前

2018年9月10日月曜日

地方私鉄の蒸機

写真展「地方私鉄 1960年代の回想」の準備で追加プリントの画像が昨日決定しました。
今回の写真展では車両を主役にしていないので、出ては消えた地方私鉄の蒸機ものは全体の流れに合わず落とすことに。
それにしても昭和37年という時代は、地方私鉄でまだ蒸機が煙を吐いていた大変に良き時代であった。蒸機の周辺には50年経て感じとれる昭和37年の空気が大いに漂っていたのに、それをこんな蒸機の背景に撮り込めなかった。

全て昭和37年に撮影
別府鉄道の5号機が牽く混合列車  別府港 

別府鉄道の5号機が牽く混合列車  別府港

別府鉄道の機関区と雨宮2号機

加悦鉄道の4号機 加悦

加悦鉄道の蒸機と古典客車の風景 加悦


上武鉄道のピッツバーグ7号機 西武化学

2018年9月1日土曜日

大分交通別大線(リニューアル) 2

2011年4月12日にアップした記事の画像調整をやり直し、画像サイズ大きくしたリニューアルです。当時のコメントはそのまま残してあります。

撮影:1967.3.5
 昭和42年、どこへ行ってもだるま型ブルーバードが走っていた。東別府駅前

東別府駅前の100型(重連対応未改造の110)

別大線を追い抜いて消えていく日豊本線の列車。

雨の東別府駅前の150型(100型を重連対応に改造)
密着連結器とジャンパー栓

200型以降は総括制御と密着連結器を備えて重連対応した。東別府駅前

505 東別府駅前

2018年8月30日木曜日

ハーフサイズカメラ オリンパスペンの実力

1964年にオリンパスペンSで撮った沼尻鉄道内野停留所の1枚。
この写真は、最近の業務用スキャナーとプリントで大サイズにどれだけ耐えられるかテストしてもらったものです。プリントはA4変形「写真集」見開きより大きく、半切(355×430)に近いサイズ(330×450)です。
待合所の板張りの木目もはっきり分かります。
ハーフのネガでは不鮮明で大きくプリントできないが常識だったのが、今やデジタル技術の進化であの小さなハーフのネガでもそこそこの大きさにプリントできるということに。



2018年8月26日日曜日

大分交通別大線 (リニューアル) 1

大分交通別大線をアップしたのは2010年5月18日、ちょうどブログを始めた頃でまだネガのスキャンは始めてなく印画紙プリントをデジタル化した粗末な画像でした。その1年後にネガをスキャンした画像で再度アップしましたが画像が小さい。
そこで、現状の環境で別大線をリニューアルしてみます。

デジタルの画像調整で雨の風景もなかなか良きものです。
今や、デジタル技術の進歩で印画紙プリントからのスキャンでもかなりの情報が読み取れるそうです。50年前のネガは風前の灯でも、昔よくやったベタ焼きがあれば最低限は何とかなるとか。


撮影:1967.3.5
電停「東別府駅前」風景

東別府駅前

別府温泉街を見て日豊本線と並走する。りょうぐんばし


日豊本線別府駅に近い電停「北浜」
観光バスの拠点だったのでしょう。

2018年8月25日土曜日

仙北鉄道の浅部駅

浅部駅は古ぼけた待合室と立木の組合せがジオラマの題材(駅)にでもなりそう。
コンクリートの壁に土を盛り上げたホームは立派で、沼尻鉄道の停留所などと比べると遥かに立派な駅である。
1964.8.4
終点登米の一つ手前、畑の中にポツンとあった駅あさべ

味わい深い待合室に客が一人

やがて登米からやって来た気動車

沿線は一面の田んぼ

ジオラマの題材になりそうな、こちらは沼尻の「内野」停留所 1964.1.3

こちらも沼尻の「白津」停留所

2018年8月23日木曜日

第14回軽便鉄道模型祭プレイベント『軽便讃歌Ⅸ』のお知らせ

今年の軽便模型祭のプレイベントで和田英昭(私鉄めぐり仲間)さんと私で講演をやります。
軽便鉄道模型祭 公式ブログに開催案内がアップされました。
9月29日 土曜の午後に是非いらして下さい。

講演は仙北鉄道の2話です。
・北上川ほとりのスイッチバック駅
・軽便貨物の活気


公式ブログより
来る9月30日(日)に第14回を開催予定の『軽便鉄道模型祭』ですが、その前日に当たる9月29日(土)に、同じ会場にて講演会『軽便讃歌Ⅸ』を開催いたします。
今年もまた、ベテラン趣味人の方々により、貴重な作品の映像を交えながらナローゲージの魅力を語っていただきます。

・期日:2017年9月29日(土)
・会場:綿商会館 4Fホール
 会場地図 http://www.mensyou.co.jp/map.htm
・開場13:30・開演14:00(※例年より開始時間が30分遅くなります)
(途中休憩有り、17:30頃終了予定)

・入場料:1,000円
・ご参加にあたって事前のお申込は不要です。
当日13時30分頃を目安にご来場のうえ、受付にて入場券をお求め下さい。

2018年8月19日日曜日

昨日のビックサイト

昨日18日は第19回 国際鉄道模型コンベンションの二日目。
会場のビックサイトには開門前から沢山のファンが詰めかけていた。
会場東1館にはありとあらゆる鉄道ジャンルの展示があり、模型作品の展示ではレイアウトから車両までレベルの高い作品が多く、その詳細報告はSNSで拡散されていることでしょう。

子供からお年寄りまで自分の好きなジャンルを見て楽しめるイベント。今や幅広い集客で「国際鉄道模型コンベンション」は「国際鉄道コンベンション」に名称を変えた方がよいくらい。
鉄道趣味を持ったことで幸せそうな人たちが何と多いことか! これを一番感じた1日であった。

朝の有明。この日の快適さはまるで秋のよう。 2018.8.18 

午前中はクリニック(セミナー)でまた名取さんと地方私鉄1960年代の対談をやりました。沢山の皆さんにお集まり戴きありがとうございました。

1日ではとても見切れない会場。

宮下さんの新作は1/87福島交通で毎度素晴らしい地方私鉄情景。

 翌日にステージイベントがある 堀越さんたちの写真展「北辺の機関車たち」

この日のステージイベントは名取さんと荒川好夫さんの対談「C62重連最後の冬」 

荒川良夫写真展「 C62重連 最後の冬」ニセコを追った21日間
これを見にきた国鉄蒸機ファンの先輩方が1枚1枚写真を見ては語り楽しんでいました。
この写真集「 C62重連 最後の冬」がOFFICE NATORIから出版されました。


2018年8月14日火曜日

昭和37~41年 小田急

 昭和30年代に独特の景観があった国分寺崖線。 成城の国分寺崖線を下ったところに野川がが流れ、一面ブッシュが生い茂る平地に今は小田急喜多見検車区の施設が建つ。この当時の面影残すのは成城に向かう不動坂にある喜多見不動堂くらいか。

成城から下ったところに曲がりくねって野川が流れ、鉄橋をくぐった先に水車小屋があった。
 成城-喜多見  1964.2.25

喜多見から成城へ向かって勾配を上る。 1964.2.25

現在の風景からは想像もできない一面ブッシュが生い茂る風景。NSEは1963年春にデビューした。   成城-喜多見 1964年2月


喜多見の野菜畑の向こうに成城の国分寺崖線の木立が続く。喜多見  1962年12月

デビューして9年のSE車が成城の坂を上る。 1966.4.11

美しかったセミクロスシートの2320形。  喜多見  1962年秋


ロマンスカーの面影残す1700形が喜多見の野菜畑を行く。1962年秋

 喜多見駅。1966.4.11

社紋が入った三角屋根の喜多見駅。1966.4.11

今は地下駅となった成城学園前駅。1964.2.11