案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2017年3月24日金曜日

京王線初台駅の今昔

先日の京王線初台駅今昔の記事に関し、子供の頃に初台に住んでいた方から更に写真を送って戴きました。53年前(1963年)の初台駅とほとんど同じ位置で撮ったそうです。

写真を並べてみると、初台通りの商店街の道幅や、踏切遮断機といまの横断歩道の位置関係などほぼ符合しているそうで、オリジナル初台駅は相対式二面二線のはずで地下化工事期間中は写真で推測がつくように島式一面二線の仮ホームだったそうです。

水路上?に仮線された初台駅の下り線  1963.7.31.
1963年4月に新宿駅地下化が開業したが、新宿~初台はまだ地下化工事中で新宿~初台の地下化完成はこの1年後1964年6月7日であった。
初台駅の今と(昔).撮影:杉田様
ミタニビルそば屋(コクヨ店)、横断歩道(踏切)、初台通り、遊歩道(京王線下り線) 

京王線初台駅があったところの現在. Google Earth
京王新線の開通により地下京王線の初台駅は使われなくなり、京王新線に初台駅が設けられた。

ところで、この区間の地下化工事について鉄道ピクトリアル誌「京王電鉄1950~1960」によれば、用地買収を少なくする目的で旧玉川上水路用地と京王帝都用地だけを充当した工事で、地下京王線の工事工程順の図解がありました。

旧玉川上水路用地の上に仮線敷設したのが写真↓でこの後、仮線へ移動し本線の下に地下線を設けた。
文化服装学院辺りまで水路の脇を走るカーブが多い区間.1963年4月

甲州街道から文化服装学院の脇を走ると水路がある区間に入る.1963年4月

2017年3月16日木曜日

昭和42年 伊豆箱根鉄道駿豆線

先日の伊豆箱根軌道線で1963(昭和38)年2月に廃止となった直後の鉄道線(駿豆線)大場工場で見た艤装中のモハ1000系のその後がその年の夏駿豆線 夏の新車でした。

そこから4年が経った1967(昭和42)年1月、田辺さんが駿豆線を訪問し沿線風景を撮っていました。
この頃の駿豆線は新車1000系を除いては旧国鉄の戦災車など旧国鉄の車両が大半を占めていた。モハ50形(50~59)、モハ60形(62、63)、クハ70形、クハ80形はどれも旧国鉄で1両1両に相違があるややこしい電車が富士を背景に走っていた。

1967.01.07 撮影:田辺多知夫氏

富士を背景に伊豆半島を走るモハ62(旧国鉄モハ31系)

富士を背景に伊豆半島を走るモハ50形(旧国鉄)

ED32(東芝車両製)が牽くこんな国鉄客車の乗り入れがあったのですね.

153系の乗り入れ.

1000系が最も美しかった時代.
昭38.西武所沢へ車体を自社発注した新型ボディの1000系 
新しい車体に古い台車の組み合わせがとても魅力的です.


以下は大場工場にいた車両のバリエーション.1963.2.22


 モハ50
モハ54
モハ57
 モハ58
モハ59
 モハ52
クハ72

あれから4年が経った軌道線のモハ205廃車体.1967.01.07

参考文献: 鉄道ピクトリアル「私鉄車両めぐり」第6分冊 伊豆箱根鉄道 吉川文夫氏

2017年3月14日火曜日

昭和41年 よき時代の筑波線

常総筑波鉄道筑波線は昭和40年6月に鹿島参宮鉄道と合併して関東鉄道筑波線になり、その後、昭和54年に関東鉄道から分離して筑波鉄道となった。
1966(昭和41)年に田辺さんが撮った筑波線を紹介します。この頃は関東鉄道筑波線が正しい社名ですが筑波鉄道のラベルに入れてあります。
1966.10.10  撮影:田辺多知夫氏

愉快な国鉄乗り入れ列車が岩瀬方面へ向って走っていた.真壁 常陸北条

国鉄水戸線 常磐線からが筑波まで乗り入れていた列車ですね。
昭和34年5月、遠足で上野から乗った国鉄客車は土浦でディーゼル機が牽引して筑波駅へ向かった。あの時の列車はこんな小さな機関車であって、後の大型のDD501やDD502の牽引ではなかった。

美しい秋の田と機関車DC202 常陸桃山-真壁 常陸北条

筑波山麓でまだキハ303が活躍していた. 筑波-常陸北条

筑波駅のキハ303
筑波駅のキハ303

筑波駅のホハフ201

ホハフ201を挟んだ編成.真壁と思ったが構内線路配置から常陸北条ですすね.

 ホハフ201を挟んだ編成.キハ401+ホハフ201+キハ41005

キハ401   筑波-常陸北条


土浦駅の筑波線キハ41006

楽しい常磐線
常磐線土浦駅の風景

2017年3月10日金曜日

旧東海道を行く木造ポール電車4 物置小屋のような駅

廃線になる以前、1961(昭36)年6月の台風による木瀬川橋の流失で国立病院前~沼津がバス代行運転を行っていました。このバス代行区間を国立病院前から廃線跡を歩いて沼津駅前まで向かったが何故か軌道線沼津駅の写真が1枚もなく下記のこんなメモがありました。

レールを組んで板を張った軌道線沼津駅
この時、残された3両の車体が大場車庫にあったのでこの駅に車両はいない筈、窓から見える電車は想像で書いてしまったのでしょう。

軌道線沼津駅
軌道線沼津駅は確かに物置小屋のような駅で中に電車が何両か留置されていた。廃線1963年2月の1年半前から使用されなくなった沼津駅。 1963.2.22記


廃線前にバス代行運転していた時代の沼津駅の風景1枚を、HP「む~さんの鉄道風景」からお借りしました(掲載許可済) 

こんなだったのですね、軌道線沼津駅. 1962.1.28 撮影:む~さん

この時、203、205、17の3両がこの沼津駅に取り残され廃線以前に廃車となり、大場車庫でダルマになっていた3両と一致する。

2017年3月6日月曜日

旧東海道を行く木造ポール電車3 リニューアル

廃線直後に鉄道線大場車庫に集められた車両は休車1廃車体3を含め計10両で、半年後に訪問した時もそのままの状態でした。旧東海道を走った木造ポール電車の車両一覧としてみました。


モハ15(雨宮製作所製) 15~17が大雄山線から昭25年に転入.元鉄道線用でかなり車体が大きい.1963.2.22
モハ16(雨宮製) 1963年7月
モハ17(車体は鶴見木工製)
木瀬川橋流失後、沼津駅に取り残された2両はこの17と203であった.

モハ206(田中車両製) 旧西武 1963年7月
モハ206と同型のモハ205 旧西武

モハ8  旧武蔵野中央電気鉄道軌道線.大雄山線を経て昭和24年本軌道線へ.
当線唯一の半鋼製で廃線時は休車中. 

モハ201(枝光鉄工所製) 旧西武

モハ202(汽車製造製) 旧西武

モハ204 旧西武 元はオープンデッキ.
モハ204と同型の203 旧西武

参考文献: 鉄道ピクトリアル私鉄車両めぐり第4分冊

2017年3月3日金曜日

旧東海道を行く木造ポール電車2 リニューアル

廃線前の昭和36年に台風で黄瀨川に架かる橋が流出し、三島広小路から沼津行きは国立病院前で折り返し運転となり、その先の国立病院前~沼津間は代行バスを運転していた。川向うの沼津側に残された3両は廃車になり、最終日まで残ったのは7両(内1両休車)であった。

ED11(元国鉄アプト式電機ED40形)の背後に見える軌道線の車両.大場工場

鉄道線の大場工場に集結した軌道線の車両.1963.2.22
最終日まで残った7両がそのまま留置されていた.

廃線記念にオープンデッキの花電車3号に改造されたモハ202.
201と202の西武時代はこんなオープンデッキで伊豆箱根転入時にドアをつけた.
モハ202

モハ201.202と伴に西武から昭25年譲受、枝光ペックハム系台車が美しい.

モハ201の車内

モハ15(元大雄山線)車中から見た隣の運転台が異様に低いモハ206頭部.

最後まで残った小ぶりで頭が下がった最も魅力的な電車モハ206   5か月後1963年7月

以下は大場工場風景
モハ45さてこの車両は何か? 
昭和29年に国鉄から譲受けた電車で、伊那電気鉄道買収のデ200が前身である.大雄山線モハ45で活躍していたが昭和34年に西武から来た車体に乗せ換えた.写真↑はモハ45鋼体化で不要になった廃車体.(鉄道ピクトリアル私鉄車両めぐり第6分冊より)
大雄山線の鋼体化後モハ45  1963.2.22

大雄山線の木造車クハ20形の23.同型の木造車22と24が大雄山線で活躍していた.



鉄道線大場工場の中では西武へ発注したモハ1000系の自社艤装中であった.
昭和38、39年に2編成6両が導入された.車内のクロスシートが見える.