案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2017年10月14日土曜日

昭和38年の町田駅

先輩のアルバム・シリーズ。
1枚目の写真は小田急 新原町田(今の町田)駅で、今の町田からは想像もつかない長閑な風景であった。そう言えば新原町田のホームに立つと駅の南西部に田畑が拡がっていた記憶がある。

新原町田止り、上り1652+1602 1963.4.28  先輩のアルバムの1枚。

以下はこの頃の小田急と国鉄横浜線風景。
1963~1964年 撮影:田辺多知夫氏 
横浜線のC58。 小田急新原町田駅は横浜線から今より離れているように見える。

 行き交う電車と田んぼで遊ぶ子供たち。

新原町田駅の南側、境川沿いの自然豊かな一帯。

ホームから見た森野住宅方面。

現在の町田

新原町田駅を発車して横浜線をオーバクロスする1900。

横浜線原町田駅。

2017年10月10日火曜日

京王新宿駅

先輩のアルバム・シリーズ。
京王線の新宿地下駅開業の日の写真1枚を見つけ、計3枚をお借りしました。今の京王新宿駅からは考えられない光景です。新宿地下駅が開業する前後の写真と、盛んに走っていた京王中型車を並べてみました。


新宿地下駅が開業した日の地上駅 1963.4.1。先輩のアルバムから。
この地上駅のところに京王百貨店が建つ。

開業直後の地下駅で、600V車が地下駅に入ってきたのはごく僅かの期間であった。
撮影:田辺氏

地下駅開業の直前で甲州街道に出る地上線。 1963.3.20。先輩のアルバムから。

新宿地下駅開業の直前で、甲州街道から新宿地上駅に入る。

京王線が三丁目まで走っていた時代の地図で、後に新宿西口に京王新宿駅ができた。
昭和5年東京日日新聞付録。東京市外地図。


デハ2150形 1961.8.31 笹塚  先輩のアルバムより。
印画紙プリント写真がよい感じです。

デハ2150形 下高井戸 1962.12.7


2017年10月8日日曜日

東北本線 仙台駅前

市電が走る仙台駅前。 1964.7.30  先輩のアルバムより

私が訪問したのは上の写真の一週間後であった。仙台市電の撮影に夢中になり仙台駅は1枚も撮ってなく全く記憶にないが、この時の仙台駅はこんなだったのだ。

東京オリンピック開催の年、活気溢れる仙台の街。 左手が仙台駅前   1964.08.08

市電が行き交う駅前の賑わい。市電も沢山の客が乗っている。

以下は当時の市電通りの街並みです。
片平一丁目検察庁前

東北本線を越える花京院~小田原一丁目と思ったのですが、片平一丁目検察庁前近くのようです。のんびりと電車と車と自転車が走る。ミゼットの小さいこと。道路を走る電車と車と自転車のバランスがこんなであった時代、これぞ環境と人に優しい理想の道路ではないだろうか。

ここから仙台駅方面へ向かってみます。
裁判所前~片平一丁目検察庁前。


 裁判所前


仙台の中心部でも道路に全く車がいない。

②系統は仙台駅前の手前で分かれて長町へ向かう。

長町車庫前

2017年10月7日土曜日

長崎本線 長崎駅前

昭和29年の長崎駅前 1954.8.20
長崎電軌電停の向こうに長崎駅、道路を走るオート三輪、自転車、駅前に丸みのあるバス、昭和20年代末の長崎駅前にこんな長閑な光景があった。 先輩のアルバムより。


それから13年後の1967(昭和42)年春に私が訪れた時の長崎駅前はこんな光景であった。
跨線橋から撮った長崎駅前。 1967.3.2

2017年10月4日水曜日

昭和40年7月北海道 真谷地専用鉄道2

前回は撮影1965.7.21でしたが、その6日後の真谷地のボールドウィンです。

撮影:田辺多知夫氏 1965.7.27
 魅力的なボールドウィンのシルエット。



ボールドウィン5052号の最後の活躍。

沼ノ沢



2017年9月27日水曜日

昭和40年7月北海道 真谷地専用鉄道1

田辺さんの北海道古典ロコめぐり。
藤田炭鉱、明治鉱業昭和炭鉱、雄別鉄道、美唄に引き続き、今回は北海道炭鉱汽船 真谷地専用鉄道です。写真はボールドウィン5052号の最後の活躍。
極端に本数が少ない貴重な旅客列車を田辺さんは何本も撮っていました。大カーブのところで何時間も粘ったことでしょう。

 
 撮影:田辺多知夫氏 1965.7.21
沼ノ沢を出た築堤のカーブを行く貴重な旅客列車の写真。1966(昭和41)年まで便乗扱いで旅客を輸送したそうです。




築堤大カーブを行く。

2017年9月24日日曜日

再掲 草軽電鉄の現役時代

2013年7月に掲載した鉄研OBのM先輩が撮った草軽電鉄の現役時代を画像拡大で再掲します。
全線営業していた1958年と、吾妻川橋梁流出により上州三原で分断後の1960年と1961年に訪問し撮影されたもので、改めて壮大な自然と生活感溢れる草軽のスケールの大きさを感じてきます。

    撮影:鉄研OBのM先輩
上州三原駅. 1961年
この先の吾妻川手前で線路は行止まりとなっている。1959(昭和34)年の台風により吾妻川橋梁流出のためこの駅で分断された。新軽井沢~嬬恋間が先に廃線となった後、残された上州三原~草津温泉間は写真の翌年春(1962年2月)に廃線となった。

ホハ30形の車風景 1958年
草軽に多かった片側クロスシート。顔を近づけて会話ができるのが良いが、狭い車内をロングシートの客の膝を避けながら歩くのは大変であったろう。車体の内幅は1950mm。

草津温泉の2駅手前の草津前口駅で硫黄の積込みをしている。ここから新軽井沢まで運び国鉄貨車に積み替えていた。1958年

国境平
この線路配置は、全ての駅の構内図と照合すると国境平から二度上方面を見た線路配置と一致する。


無蓋車とホハ30を牽く草軽の代表的な編成が新軽井沢へ向かう。 嬬恋?

鶴溜


長日向を発車し草津方面へ向かう。

吾妻川橋梁を渡り新軽井沢へ向かう。