案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年12月14日火曜日

九十九里鉄道の模型

九十九里鉄道に係わる雑誌や模型キットを並べてみました。


キハ104   撮影: 飯島巌氏


鉄道ピクトリアル臨時増刊 「私鉄車両めぐ」第1分冊。
鉄道模型趣味No.81 海辺の小私鉄を訪ねる(Ⅱ) 九十九里鉄道。
オレンジカンパニー16番(1/80)ナロー模型キット。

すり切れるくらい読んだ雑誌、そしてオレンジカンパニーの九十九里の模型キット。
雑誌で見た光景をいつかは模型化しようと、軽便模型のキットを集めたことがあった。
一時期、HO(1/87)ではなく、16番(1/80)でオレカン、ひかり模型、しなのマイクロなどから
16番ナローが発売されたことがあり、昭和の情景はやはり16番(1/80)でないと。

0 件のコメント: