案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2011年5月31日火曜日

松本電鉄 学校前の急カーブ

学校前の急カーブは浅間線の沿線風景で最大のハイライトだった。
松本駅前から市中心部を東へ進むメイン道路上の併用軌道は、この学校前で急カーブして脇道へ入り、
砂利道の併用軌道になる。トロリーラインならではのこんな光景が素晴らしかった。


砂利道の併用軌道 学校前-日の出町 1963.7.20
木造電車モハ2(昭和2年製)が埃をまき上げながら浅間温泉からやってきた.

十分に速度を落とし急カーブに差しかかる.


学校の手前の急カーブをギィギィ音出して曲がると、メイン道路(舗装路)の併用軌道に入る.
学校では明日から夏休み? 生徒達が大掃除をやっているようだ.


学校前駅
急カーブした直ぐのところに「学校前」駅があった。
この交換駅含め3ヶ所の駅で交換があったので、本数はかなりあった.
現在の交差点は校舎前の急カーブのところではなく、このあたりに移動されたようだ.

外にステップがなく乗車口が低床で、人に優しい乗りものだった。

0 件のコメント: