案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2011年2月26日土曜日

最後の筑波鉄道 紫尾

真壁から筑波方面へ向かい常陸桃山を過ぎると、筑波山が背後に迫ってきて紫尾(しいお)に到着する。この先の木立や竹藪の脇などをカーブする辺りが、最も好きな撮影ポイントであった。そして紫尾駅の佇まいに魅力的な雰囲気があった。
筑波鉄道は消えてしまったが、自然豊かな茨城の沿線風景は今昔写真を並べてみると、24年経った今も殆ど変わっていなかった。変わっていたのは鉄道施設や駅の木立だけのようである。


紫尾 - 酒寄  1987.3.28


加波山を背景にした紫尾駅  1987.3.28

24年後の紫尾駅跡 2011.2.25


↑ 紫尾駅    1987.3.28

24年後の紫尾駅跡 2011.2.25



↑ 1987.3.28

24年後の紫尾駅跡 2011.2.25

0 件のコメント: