案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2012年5月29日火曜日

江ノ電 藤沢~鎌倉高校前

今も魅力溢れる江ノ電、1963(昭38)年のポール時代の未使用の画像を更に整理してみました。
1記事で画像が多くなると飛ばして見るのにスクロールが大変、そこで便利な「続きを読む」の機能を先日から使い始めました。画像が多い記事や過去のアーカイブはなるべく左下の「続きを読む」をクリックして詳細に入るようにして行きます。

502+552 藤沢  1963.4.28
藤沢駅がビルになる前はこんな駅であった。ここから今はなきヨーロピアンスタイルのポール電車501編成と502編成が発車していた。藤沢駅を出発し江ノ島から鎌倉高校前まで当時の風景を追ってみます。

鵠沼付近 501+551

藤沢を出ると鵠沼の静かな住宅地を行く
301+351. 元都電を改造して江ノ電初の連接車に.

302+352.  湘南海岸公園あたりには畑が開ける.

江ノ島駅の交換風景. 351と551どちらも今は見る事ができない.

501+551.  江ノ島-腰越間の素晴らしき風景.

腰越を過ぎると海沿いに出る.305+355  腰越-鎌倉高校前

502+552

鎌倉高校前.   駅の背後は丘陵のみで昔は何もなかった.

googleストリートビューより

0 件のコメント: