案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2015年2月13日金曜日

淡路交通 昭和40年の洲本3

❼大衆旅館
バスが洲本駅に到着すると直ぐに宿さがしで駅前をぶらついた。どうやら駅前にある旅館は観光客向けではなくどれも素泊まりだと600円の割烹旅館であった。割烹旅館はちょっと小奇麗で我々向けではないので、さらに探すと大衆旅館というのが目にとまった。おそらく洲本では最低の部類と思われる佇まいで旅館の感じは全くなく周りの民家と同じようであった。交渉すると二食付き650円(素泊まり350円)である。宿はここに決めて荷物を預けたが、おかみさんの大声が何を言っているのかどうも方言でよくわからない。

一日、真夏の沿線撮影をして夕方宿に戻ると2階の一室に通された。ひどい部屋で置物もなければ掃除もろくにしていないようなただ寝るだけの物置のような部屋。二部屋あって一部屋に電球がないのには驚いた。もう一部屋だけに薄暗い裸電球が燈っていた。

夕食付であったが、なんと近所の食堂からの取り寄せであった。こんな宿は初めてでどうやらフロもないらしい。外から配達された夕食は山盛りのチャーハンであったが空腹にもかかわらずノドを通らなかった。
夕食後、宿の前にある銭湯に入ったがこれがまた独特の雰囲気。せせこましい銭湯で電気も薄暗く浴場が汚らしく見える。それでもきたない旅館の浴場よりはマシだったかもしれない。銭湯に来る地元の客はみな真っ黒に日焼けし、わが身がばかに白くて弱々しく見えたものだった。
当時の淡路の観光客は大抵「ホテル淡交」1500~3500円のような観光ホテルに泊ったことでしょう。鉄ちゃんが泊まる宿として観光ホテルは対象外で、この時の大衆旅館は汚さも度が過ぎたがむしろ洲本の懐かしい思い出となった。



島の電車の洲本駅近くの旅館に一泊した時の写真がなく、ストリートビューで今の洲本を巡ってみました。道路が広くなり町並みがすっかり綺麗になり、昔のあのすごい光景は全て建替えかと思ったところ、意外や昔をしのぶ建物も僅かに残っているようです。すごい宿や銭湯があったところには今マンションが建っているようです。

Googleストリートビュー 今の洲本

2 件のコメント:

伊豆之国 さんのコメント...

前回のコメントで「洲本市郊外の海辺のホテルに泊まった」と書いたのですが、この宿「ホテルN.A」は、JTBで「お勧めの宿」として紹介されたホテルでした。もらったパンフレットには宝塚出身の女優の「お褒めの言葉」が紹介され、そのパンフレットにある通り、露天風呂から望む大阪湾の眺めは絶景でした。現在ではホテルも改装され、露天風呂も新しくなって更に豪華になっているようです。…でも、このホテルに泊まったために、洲本の町並みを歩くことがなくなったわけなのですが。
淡路島を出てからは、舞子公園から山陽電鉄~神戸高速~神戸電鉄と、いずれも私にとって「初乗り」の私鉄を乗り継ぎ、有馬温泉で2泊目の宿を取ったのでした。

katsu さんのコメント...

伊豆乃国さん
洲本で露天風呂ホテルに泊まり、さらに有馬温泉に2泊とはうらやましい旅ですね。
観光バスで行くような旅は別とし、目的をローカル民鉄(第三セクター除く)の生き残りか、廃線跡めぐりの旅なんてどうでしょうか。
地元の人に聞いて沿線でお勧めの宿(できれば民宿)に泊まり、地元でお勧めの店で美味しい食事を楽しむ。移動は路線バスかレンタカーや自転車。こんな旅を楽しめるのは鉄ちゃんならではと思います。