案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2014年9月30日火曜日

仙北鉄道 軽便の魅力

先日の第10回軽便模型まつりは残念ながら都合がつきませんでした。
今年も素晴らしい作品が展示されたようで見学できず惜しい思いです。

第10回記念製品でブルーに塗られた仙北DC103の写真が大変刺激的でした。
そこで既に本ブログで公開済みですが現役時代の仙北DC103他を再度アップしてみます。

軽便のたたずまい.軽便の魅力ここにあり. 瀬峰 1966.03.01
東北本線瀬峰駅を降りて跨線橋を渡ると軽便らしいたたずまいが現れる.
軽便と国鉄の線路が並走し2'6''と3'6''ゲージの違いが分かる光景.
軽便はこうして国鉄の駅の片隅からひっそりと出発していく.


朝の貨物入替え作業に出て行くDC103 瀬峰

貨物長大編成 1966.03.01 沼崎下 - 瀬峰

田んぼの中をやってきた下り2本目の貨物列車。 板倉 - 佐沼 1966.03.01

賑わう駅とDC103の貨物長大編成  佐沼
以前、ブログのタイトルに使用したカットです。

DC103  佐沼

登米からやってきた列車が米谷駅でスイッチバックし瀬峰へ向かう. 1964.08.04

こんな小編成もあった。 昼前に瀬峰へ向かうDC103。

2 件のコメント:

#9999 さんのコメント...

Katsuさんの写真には、よく枝ぶりの良い松が登場しますが、年代が新しくなるにつれ徐々に姿を消していき、60年代を最後に日本の風景が一変してしまったような気がします。松が寿命を迎えたというより、あっさり伐採されてしまったのでしょうね。
熱帯アジア地域でも、道路沿いに日よけのために植えられた菩提樹やガジュマルの大木が、都市化や道路拡張のために伐採され、訪問する度に殺風景になってゆきます。
のんびり走る軽便の風景にはこの松の木が似合います。

katsu さんのコメント...

#9999さん
そうでしたか。沿線の松の枝ぶりには気が付きませんでした。
この時代はどこでも木がよく手入れされていたのでしょう。
間伐しよく手入れされていた里山が、人手不足や急速な宅地開発で林が荒廃してしまったようです。
1960年代は人と木がバランスしていたのでしょう。
延び放題の木立ちは綺麗ではありませんね。