案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2013年7月31日水曜日

仙台市電 七夕まつり

8月ともなれば東北の夏祭りシーズン、仙台では七夕まつりが6~8日に開催されます。
東京オリンピックが開催された1964年夏の仙台七夕まつりを何回かブログにアップしてきました。
2年前にスキャンした時は真夏の写真のハイライト白飛びがどうにも解決できなかったのですが、
最近はスキャナ(EPSON GT-X970)の環境設定で自動露出レベルを控えめにして自然な
感じが出せるようになりました。
再度スキャンして夏の仙台七夕まつりをもう一度アップしてみます。

東京オリンピック開催の年、活気溢れる仙台の風景. 丸光百貨店前.1964.08.08
高度成長期がスタートし元気一杯だった頃の日本の風景。この頃はまだマイカーなんて夢のまた夢。それがあっとい間に誰もが持てるようになり、豊かな暮らしへと社会の変化のスピードは大変なものであった。

元寺小路 左手が仙台駅前  

元寺小路

仙台「七夕まつり」の中心部「中央通名掛丁」入口.仙台市電 元寺小路

東一番丁(仙台郵便局前)

東一番丁(仙台郵便局前)

 東一番丁(仙台郵便局前)

南町通り

4 件のコメント:

Cedar さんのコメント...

街も元気、人も元気、そして電車も元気ですね。
現代は生活者が街の主人公でなくなってしまい、片隅でオドオドしてる気がします。

東北の地震がまたまた気になりますし・・・

katsu さんのコメント...

Cedarさん
さんざんアップしてきた仙台の七夕で失礼しました。
真夏の写真のハイライト白飛びがやっと何とかなりそうで、仙台七夕で試してみました。
白飛びが不満なネガでスキャンやり直しがいろいろ出て来そうです。
ネガは今でもしっかりしているので、いくら時間があっても足りないです(泣)
どこかで妥協せねばなりませんね。

匿名 さんのコメント...

「不明」となっている写真は南町通りです。
左側の建物は「民謡酒場」ですね。向かい側に「明治屋」とか「横山輪業」などがありましたね。実に懐かしい。

katsu さんのコメント...

匿名さん
ありがとうございます。
撮影場所不明の写真の大通りは南町通りでしたか。
南町通りには停留所「東一番丁」郵便局前があり、この近くなのでしょう。
仙台中郵便局の近くに今も明治屋がありこの位置なのでしょうね。