案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2012年10月21日日曜日

ユネスコ村ゆき おとぎ電車

西武鉄道初代山口線は軽便蒸機で有名でしたが、私達年代の多くはユネスコ村の遠足で乗った「おとぎ電車」の思い出が強く印象に残っていると思います。山口線では蒸機や井笠客車だけにしか目が向かなかった私でしたが、兄のアルバムの中に最後の「おとぎ電車」の写真を見つけアップしてみました。

山口線さよなら運転の遊園地前駅には「蒸気機関車・おとぎ電車 さよなら記念ウィーク」の看板が下がり、ホームには「おとぎ電車」が見える。駅の屋根上には “おとぎ列車で15分 ユネスコ村ゆき おとぎ列車” の大きな看板が。思い出の「おとぎ電車」はさよなら蒸気機関車の影でひっそり消えて行った。
蒸気機関車・おとぎ電車 さよなら記念ウィーク」の遊園地前駅  1984年5月

遊園地前駅の「おとぎ電車」

さよなら「おとぎ電車」  遊園地前駅

楽しそうな子供達を満載した さよなら「おとぎ電車」  1984年5月
ユネスコ村遠足で乗ったのは確かこんな開放型客車だった。

さよなら蒸気機関車  遊園地前駅
 遊園地前駅

西武鉄道山口線の経緯
1950(昭25)年08月01日 遊技施設おとぎ電車 多摩湖ホテル前ー上堰堤間が開通
1951(昭26)年09月16日 おとぎ電車 上堰堤ーユネスコ村間の延長が開通 
                                 ユネスコ村開園
1952(昭27)年07月15日 地方私鉄に転換、山口線に改称
1963(昭38)年07月01日 多摩湖ホテル前駅を西武遊園地駅に改称
1972(昭47)年06月03日 頸城鉄道2号機「謙信号」の運行開始
1973(昭48)年07月05日 井笠鉄道からの木造客車が配属開始
1977(昭52)年09月23日 頚城井笠の蒸機に代え元台湾糖業公司の蒸機5型2両の運行開始
1979(昭54)年03月25日 西武遊園地駅→遊園地前駅と改称

1984(昭59)年05月13日 山口線さよなら運転
1984(昭59)年05月14日 山口線新交通システム工事着手

4 件のコメント:

ゆうちゃん さんのコメント...

西武山口線は私にとって思い出の沢山詰まった所です。ナローの地方鉄道はほとんど無くなってしまって訪れることが出来たのは沼尻と井笠ぐらいでした。でも西武山口線は電車1本で行けたこともあり何十回も行きました。
 ちょっと見は遊園地の豆列車でしたが、法律上も実態も鉄道でした。通票閉塞器のやり取りの音、タブレット交換、腕木式信号機などなど
 職員の方とのふれあい、頚城から来られた機関士の方とのお話もよかった。
 改札のアルバイトをやったのも思い出です。

匿名 さんのコメント...

井笠鉄道も今月末で清算?

katsu さんのコメント...

ゆうちゃんさん、山口線訪問が何十回とは凄いですね。
いろいろと貴重な体験されてよい思い出が羨ましいです。
軽便蒸機と井笠の客車入線で本格的な軽便鉄道になったのに、
余りに身近過ぎて私は車で通りすがりに寄っただけでした。
蒸機入線以前のおとぎ電車を含めて山口線も後悔だらけです。
今も走っていたら大変な人気でしょう。

katsu さんのコメント...

匿名さん、
井笠鉄道倒産でバス事業が今月で停止のニュースを見ました。
井笠鉄道の記念館がどうなるのか心配ですね。