案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年6月11日金曜日

廃線迫る江若鉄道 三井寺下駅

江若鉄道。
琵琶湖左岸を行く気動車王国、江若鉄道。国鉄湖西線の建設に伴って1969年11月1日廃止された。
訪問したのは、廃線一ヵ月 10日程前の10月で、秋の陽の寂しいたそがれ風景であった。車庫のある三井寺下の駅には、掃除をしている駅員だけで乗客の姿が見えなかった。
三井寺下     1969.10.19

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

この鉄道写真は、小生がお伴をしたときのものでしょうか。よく鉄道風情、消えていく車両に写真を通して懐かしさとわびしさを感じます。写真の撮り方で訴える力がわかります。青蛙

katsu さんのコメント...

青蛙さん
江若行きは一緒でした。
東京から日帰りと効率の良い一日でした。
記憶は消えていますが、その日の予想外に素晴らしかった秋の江若が、克明に記録されていました。