案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2015年4月24日金曜日

玉電用賀の今昔

田園都市線の用賀で降り地上に出ると、一変した用賀の街並みがある。
かってここに玉電が走り、この先の渋谷寄りに用賀の駅があった。
現在の道路の形状から、ここにあった玉電の軌道と大山街道の遠い昔の風景が浮かび上がる。
1960年代の世田谷用賀、今の街並みからは想像できないほど長閑な風景であった。


用賀 2015年4月
坂を下ったところに用賀の駅があり、道路に軌道と大山街道との合流地点の面影を残している。

写真上はこの辺りで、駅を出て踏切を渡り木立の脇をカーブする 1965.7.27

桜新町を過ぎ専用軌道区間の坂を下ると用賀に到着する 1969.4.22


用賀 1965.7.27

用賀を発車1969.4.22
桜の木の下に見えるのが駅前にあった「梅の湯」のようだ


踏切を渡り木立の脇をカーブすると大山街道と合流する 1965.7.27

踏切はこのあたりで、木立の跡に用賀駅東口があるビルが建つ  2015年4月


そして子供たちの遊び場だった用賀駅引込線の風景 1969.4.22
今だったら危険を感じて電車は止まるでしょうね

6 件のコメント:

宵闇 さんのコメント...

玉電の用賀というと、ワタクシが卒業した小学校が用賀の近くでした。玉電の駅跡の空き地を見てここにかつて玉電が走ってたんだという思いを馳せていたことを思い出します。

因みに用賀駅の側線ですが、玉電の線路と分岐した先はどうなっていたのでしょうか?
自分はあの先がどうなっていたのか非常に気になります。

Cedar さんのコメント...

桜新町に約20年、瀬田に10年住んでいまして、用賀は買い物や通院で馴染み深い町です。玉電廃止の時は用賀駅周辺で撮影しました。今のSBSビルのところが引き込み線の終点だったようです。
最後になりましたが、拙ブログで勝手にリンク紹介させていただき失礼しました。

katsu さんのコメント...

宵闇さん
用賀駅から分岐した先はかなり広い土地だったようで何があったのかは私も知りません。
今はハコものが立っています。
あちこちに建設されたこの種の施設はそのうち人口減で閑散とした風景になるのではと余計な心配をしてしまいます。

katsu さんのコメント...

Cedarさん
この辺りの風景といえばCedarさんですね。
今の用賀駅の奥に続くビルがSBSビルというのですか、
静かな住宅地に何でこんな高いビルを建てたのかと思いました。
リンクの件、ありがとうございます。
おかげさまで沢山来て戴きました。

伊豆之国 さんのコメント...

玉電の用賀駅には、駒澤に住んでいた小学生の頃、玉電がなくなる前の年の夏休みだったかに「用が」ないのに降りて駅前をぶらぶらしていたことを覚えています。「赤城しぐれ」というカキ氷を初めて味わったというのをなぜか今も覚えています。駅の先で分かれていた単線の引込み線は、「大橋の車庫を引っ越すために敷いたものの、結局使うことがなくなって放棄された」という話をどこかで読んだことがあります。写真に出ている70型は、改造で「80型もどき」に化けてしまい、その後には足回りを取り替えられて吊り掛け式でもなくなって、ほとんど魅力のない車両になってしまったのでした。
地下にもぐった「新玉川線」の用賀駅には、砧公園やその中にある世田谷美術館に行ったときに何度か降りています。公園までの道筋の歩道をよく見ると、和歌が彫られた瓦のようなものが敷かれているのに気づきます。

katsu さんのコメント...

伊豆之国さん
用賀の駅の先に延びていた引込線、私は自分の写真を見て初めてその存在を知りました。
何で引込線の先をを確かめなかったのか?
残念なことをしてしまいました。
大橋の車庫をここへ移転する話は私も何かで読んだような気がします。
今の用賀の駅前付帯施設はそのスペースを活用したわけですね。