案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2011年7月18日月曜日

土佐電 安芸線

土佐電気鉄道安芸線。
国鉄御免駅から安芸まで、黒潮おどる土佐湾太平洋沿いを1時間ほど走る。国鉄御免から一つ目の御免町で、鉄道線と軌道線の線路が繋がり、両線の駅が一体となっていた。この安芸線は1974年に全線廃止され、この乗入れ風景も消えてしまった。その後、土佐くろしお鉄道が開通したが、たぶん今の後免町駅に昔の面影は何もないだろう。

高知市内から来た直通てい(安芸線の手結)行きが左手の安芸線の線路に乗入れるところ.写真の601は密着連結器とジャンパ栓を装備した二連乗入れ仕様になっている.後免町  1969.5.5

クハニ3501+モハ5001+モハ5005    ポップアップ

クハニ3501 後免町
高知鉄道時代からの生え抜きガソリンカー3両がクハ化され、この1両のみがクハニ3501として
両→片運転台貫通ドア付に改造され生き残った。他の2両は阪神車体に載せ換えクハとなる。

阪神車体にガソリンカーの台車を履く.クハ3001
生え抜きガソリンカー2両は車体を阪神1101形に載せ換え2両のクハ3001と3002になった.

古い台車を履いたモハ5006 モハ5007 後免町車庫
安芸線電化時の古典車モハ1000形7両を阪神1101形車体に載せ換えモハ5001~5007となった.

クニ2101荷物車
元国鉄(佐久鉄道買収車)の気動車で、電化時にサハ化され更にクハ化された.

阪神車体と交換で降ろされた2両の元ガソリンカー クハ2002と2003の車体.後免町車庫


参考文献: 鉄道ピクトリアル臨時増刊号 私鉄車両めぐり第1分冊

2 件のコメント:

nekosuki.org さんのコメント...

 今の土佐電鉄後免町駅は、広い空間に路面電車の線路が一本だけ引き込まれていて、2面1線のホームがあるだけの、奇妙な空間になっていました。まあ以前は接続駅だったのは知っていたのでその面影なんだろうなあ、と思いつつ眺めてきましたけど。使われていない線路がアスファルトに埋まって残っていたりしましたが、それは名残りだったんでしょうねえ。
 土佐くろしお鉄道の後免町駅は、隣接してはいたものの高架駅であり、かんっぜんに「別の路線」という感じになっていましたね。時間がなかったので、土佐くろしお鉄道の方は地表から見上げただけで、そそくさと井野方面に向かってしまいました。

katsu さんのコメント...

nekosukiさん
地図で現在の土佐電後免町駅を見ましたが昔の位置から少し離れているようですね。土佐くろしお鉄道は全く別路線であるのを私も感じます。
昔の進歩的な路面電車の乗入れが発展していたら、高知市郊外を抜け海辺の沿線まで、人に優しい近代化路線になっていたかも知れません。