案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年4月30日金曜日

古典SLが活躍していた地方私鉄

上武鉄道(旧日本ニッケル鉄道)
八高線の丹荘から西武化学前まで6.1Kmを、客を乗せた列車が1日5往復走っていた。地方私鉄といっても実質は西武化学の工場と国鉄を結ぶ専用鉄道であった。
訪問した1962年の12月、ピッツバーグ製古典蒸機7号機が最後尾にハフ3(元篠山鉄道ガソリンカー)を連結した貨物列車を牽いていた。

当時、この線のディーゼル機関車はD1001(元鹿島参宮鉄道)だけで、他は古典蒸機だらけ。終着西武化学前の駅に降りるとそこは工場の中で、構内のあちこちで古典蒸機が煙を吐いていた。
7号機 1897年アメリカのピッツバーグ社製
6号機 1902年イギリスのナスミス・ウィルソン社製
3号機1891年イギリスのダブス社製など
こんな古典蒸機が生きていた。

終点 西武化学前駅は工場の中。1962.12.23















7号機 1897年アメリカのピッツバーグ社製















3号機1891年イギリスのダブス社製















6号機 1902年イギリスのナスミス・ウィルソン社製















夕闇せまる頃、西武化学前にひき返す列車。D1001+ハフ3

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

これまた懐かしい光景です。古典機を訪ねたころでまだ古き良き時代でしたね。青蛙

katsu さんのコメント...

青蛙さん
私鉄・専用線にあった現役古典機もその終焉の時代でした。今、改めて当時の写真を見ると信じられない光景ばかりです。