案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2014年4月29日火曜日

渋谷玉川改札の昔

学生の頃、井の頭線から都電34番への乗換えで日々この写真のところを歩いていましたが、山手線の改札口がここにあったことは覚えていても正確な事までは記憶になく、今ある渋谷玉川改札の位置は昔あった山手線改札口の位置と同じと言えるかどうか?

① 1969年に玉電渋谷駅から山手線改札口方面を撮っが、混みあう人の流れの向きからすると柱3左下の位置に今の渋谷玉川改札より間口が狭い山手線改札口があったのではないでしょうか? (写真上)
② そして昔の写真の柱3は、今の玉川改札の右脇にある柱3ではないでしょうか? (写真下)

玉電渋谷駅から山手線改札口(推定)を見る.柱1に架線末端がある梁1が繋がる.1969年4月

今の山手線渋谷玉川改札. 2010年

2 件のコメント:

宵闇 さんのコメント...

もう今年で廃線から45年になりますね。

玉電渋谷駅の電照式の車止めが良い味出しています。

katsu さんのコメント...

宵闇さん
本日これからテレ朝のスーパーJチャンネルで17:30頃から渋谷のここを取上げる予定です。