案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2014年7月30日水曜日

昭和42年 西鉄北九州線100形

先日北九州を訪問されたChitetsuさんのブログ記事 西鉄100形電車との遭遇 で西鉄148号の保存車のことが紹介されていました。それを見たCedarさんと同様に私もこの西鉄100形148号と100形電車が元気に活躍していた時代の姿を集めて見ました。
撮影場所は筑豊電鉄の入口と黒崎、戸畑にかけてで、専用軌道では電車がえらく飛ばしていた記憶があります。また北九州線は余りに巨大規模の軌道線であり、これを把握するなんては容易でなく諦めの象の鼻先見物でした。こんな北九州線で見た厳つい電車が保存されていたとは嬉しいことです。

撮影日: 全て1967.02.27
戸畑大橋の下にある戸畑駅で発車待ちの門司行148号 (現在は門司港に保存)

戸畑駅から見た戸畑大橋

鹿児島本線と北九州工業地帯を見て西鉄北九州線を飛ばす148号

筑豊電鉄の専用軌道を高速で走る門司行157号.貞元-萩原

カラーリングの参考66形85

筑豊電鉄沿線のベットタウンを行く戸畑行146号. 貞元-萩原

黒崎駅前の門司行140号

北九州市内戸畑を行く砂津車庫前行144号 幸町

8 件のコメント:

#9999 さんのコメント...

港町の路面電車は風情がありますね。100形は戦前製とはいえまとまったデザインで好感が持てます。仙台市電や秋保電鉄にも戦前製の半流がいましたね。

1枚目の写真に触発されて、リンクはハウラー橋の端で折返すCTC(カルカッタ・トラム)です。以前はここからハウラー橋を渡り、対岸のハウラー駅まで乗り入れていました。
CTCは南アジア唯一の路面電車で、一時廃止が囁かれましたが、数年前から休止路線の復旧作業も始まり当分安泰のようです。
http://www.freightcar.jp/0_frame_freephoto/f_9001_11_007.htm

katsu さんのコメント...

#9999さん
西鉄100形のオデコあたりは確かに仙台市電と同形の秋保電鉄モハ411がイメージされますね。
写真でしか知らないですが、秋保の半流はダブルルーフ客車を連結して絵のような風景ですね。
紹介戴いたリンクのカルカッタ・トラムを見させてもらいました。
海外には度肝抜かれる車両が多く、いろいろと撮られていますね。
こういうのを見ると国内の驚きの車両でもまともに見えてしまいます。

Cedar さんのコメント...

やっとKatsuさんの北九州線写真を見ることが出来ましたね。
若戸大橋、渡船乗り場、電車駅、この組み合わせはサンフランシスコみたいな感じで大好きです。
でもゴメンなさい、いちばん痺れたのは若戸大橋下の〈西テツ〉バスです。

katsu さんのコメント...

Cedarさん
北九州線戸畑駅の若戸大橋の雰囲気、言われてみてその良さに気付きました。
カラー若戸大橋は例によってハーフサイズネガの隅に眠っていたものです。
やはりこの大橋は歩いて渡らないと良き思い出になりませんね。
西鉄バスはきっとCedarさんの旅の思い出深いものがあるのでしょう。

chitetsu さんのコメント...

Cedarさんに続いてKatsuさんの100形の写真見れるとは。
ブログは書いて見るもんですね(笑)。
まだワンマン改造されたいない時代の流線形が疾駆する姿が目に浮かびます。
若戸大橋は今だ未踏の地です。
次回チャンスあったら行って見たいです。

katsu さんのコメント...

Chitetsuさん
ブログ100万アクセスおめでとうございます。
本日からブログ100万記念祝賀の大爆発期間ですね。
偶然見つけられた西鉄100形保存車の記事、お陰さまでこのネタを使わせてもらいました。
もう一つ唐戸の歴史的建物、山陽電軌が走っていた時代の写真を近々にアップしてみます。
旅に出てみるといろんな話題があるものですね。

lodgershinmeishrine さんのコメント...

カラーリングのサンプルと言う言葉にlodgershinmeishrineの心は反応しました。
白黒の写真に色付けをしたのですか?

katsu さんのコメント...

lodgershinmeishrineさん
モノクロ写真の下に「カラーリングの参考」と表示したカラー写真を並べたのは
当時の電車のカラーリングはこんなでしたという目的でモノクロ写真とは別のカメラで撮ったカラー写真です。
両者の写真が余りにも同じ場所・アングルで紛らわしかったですね。