案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2014年2月7日金曜日

熊本市電 47年前の健軍町

熊本市電の最終回は県道28号線市電通りを終点まで歩いた47年前の健軍町近くの風景です。
この日は小雨交じりの寒い初春であったせいか風景がなんとも暗い。

健軍町側から水前寺方面を見る  1967.03.04

健軍町側から水前寺方面を見る

終点健軍町の近くと思われる.

ここで軌道が終わる電停「健軍町」

駅前商店街の通り

4 件のコメント:

Cedar さんのコメント...

ラストの終点風景、良いですね~。
やはり路面電車は街の空気と一緒に撮られたの写真が好きです。

katsu さんのコメント...

Cedarさん、コメントありがとうございます。
今でも路面電車はほんとうに写真に撮る題材が豊富と思います。
私も大好きな、人と鉄道がスレスレ・ギリギリの世界が路面電車には多いですね。

岡村順一郎 さんのコメント...

190形195号は、ワンマン化後1090形1095号に改番され今も活躍していますが、私は195号時代の写真を残していません。また、120形は単車オンリーの時代に熊本市電初のボギー車でしたので、その収容力は重宝がられたと思います。しかし、130形、170形とともに比較的早い時期にワンマン化されずに廃車(170形は長崎電軌に譲渡)されましたのでこれも貴重です。


katsu さんのコメント...

岡村さん
コメントありがとうございます。
雨の熊本市内を歩いた記録がなくて訪問記が書けないで困っています。
撮影場所は何とか判っても、どんないわれの建物なのかサッパリ判りません。
ただただ雨の熊本だけが印象的でした。