案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2011年2月8日火曜日

山陽電気軌道 幡生線

幡生線は東下関~幡生まで2.2Kmが単線専用軌道となっている。
この区間は、東下関を起点とした長州鉄道を昭和3年に引継いだそうだ。
では幡生から下関市内へ向かってみます。


幡生の駅、TVアンテナのあるこの建屋に駅員が住んでいたのだろうか。


幡生を出発した電車(彦島口行)は、田圃の中を下関市街へ向かう。 1967.2.27


途中の交換駅 金比羅。 専用軌道区間はこんな風景が楽しい。


金比羅を過ぎ、カーブして築堤を登って山陽本線をオーバクロスし
しばらく走ると車庫や工場が並ぶ中を東下関駅に到着する。

東下関駅
煙突から流れる真黒い煙、道行くジープやバス、街の人々や犬、建物など、いかにもこの時代の風景が。
ここで専用軌道から複線の併用軌道となり道路上を走る。昔、長州鉄道の起点東下関駅があったところ。
左手に車庫があり大変な数の単車が止まっていた。単車の出動は時間帯が限定されているようであったが車庫はまるで単車王国のようであった。


4 件のコメント:

青蛙 さんのコメント...

小生は2年後の1969年2月にこの軌道を見ていますが、結構忙しく車両が行き来していたように思いますが、その数年後廃線となったのでしょうね。このころから、すべてコダックのカラー写真でしたから現像してネガのままです。魅力にはいまいちだったようにおもいます。1日利用券がきれいだったな。

katsu さんのコメント...

青蛙さん
ここは数年後の1971年に全廃しました。
市内はありきたりでしたが、路面電車はどこでもそうですが末端の路線が魅力的です。車両も変化があり中々魅力的でしたが台数、本数が多くて薄まってしまったようですね。まあ地味な路面電車でした。

CEDAR さんのコメント...

最初のカット~電車のいない鉄道風景にしびれます!
その他のカットも、人の動きや表情、犬の姿など、見ているうちに頬ほころび、やがて泣けてくる。そんな感じであります。すばらしい!

katsu さんのコメント...

Cedarさん
いつも感想ありがとうございます。
当時の鉄道情景を楽しんで頂けたようで、嬉しいです。
鉄道の脇役に時代の情景があるのを心掛けています。