案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年4月22日木曜日

スーパ駅長「たま」の貴志川線の昔

南海電気鉄道貴志川線(旧和歌山鉄道)。
今や、スーパ駅長「たま」、いちご電車などで有名になった和歌山電鉄貴志川線。
1965年夏の南海電鉄貴志川線時代の情景です。

大池遊園を行く。   1965.8.4

たま駅長がいる終点貴志駅の45年前の風景。今では様変わりしていることだろう。

伊太祈曽駅の交換風景

荷台カゴ付元ガソリンカーが顔を揃える。

0 件のコメント: