案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2017年1月14日土曜日

さようなら水浜電車(1)

水戸駅前~上水戸間最終日の水浜電車を田辺氏のアルバムから。
撮影: 田辺多知夫氏 1965.06.10

田辺さんの2回目の訪問は上記区間の最終日でした。


最後の日1965年6月10日の花電車と水戸駅前風景.

翌年もまたボンネットバスが見られた水戸駅前風景.

水戸駅前. 右手が水戸駅

水戸駅前付近から棚町(旧本社前)方面を見る.

南町3丁目から泉町1丁目方面を見る.

郵便局前 泉町1丁目から南町3丁目を望む.

郵便局前 泉町1丁目から南町3丁目方向を望む.

南町2丁目から南町3丁目を望む

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

こんにちは。素晴らしい記録写真ですね。私は1962年に水戸に生まれ、その後もずっと水戸に住んでおります。小さかった私は家族に連れられ大工町電停付近でさよなら電車を見送ったそうです。
なお、写真の撮影場所は、4枚目は郵便局前から水戸駅前方向、5枚目は南町4丁目電停から泉町1丁目方向、6枚目は泉町1丁目から南町4丁目電停方向、7枚目は泉町1丁目から南町4丁目(写真中央の交換可能な電停)その先が南町3丁目、道路突き当りの黒い建物は水戸郵便局です。また、8枚目は泉町3丁目から大工町方向です。
なお、当方の記憶に間違いがありましたらご指摘をお願いいたします。懐かしい貴重な写真を見せていただきありがとうございました。

katsu さんのコメント...

匿名さん
詳細な情報ありがとうございました。
現在表示中はものは以前メール戴いた情報から訂正したのですが、
今回の情報と一致しません。
どの電停あたりかを主体とした表示に見直しして訂正したいと思います。
路面電車で街中の場所当てはよそ者にとって大変に難しいです。