案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2013年4月23日火曜日

沼尻鉄道 川桁駅の硫黄

沼尻から川桁駅へ運び込まれた硫黄   1964.01.03

沼尻鉄道川桁駅  クリックで拡大

国鉄から降ろされた石炭はセタに積まれて沼尻方面へ輸送された.

沼尻からセタに積まれて川桁まで運ばれた硫黄.
向こうに異様に長いうなぎの寝床車庫が見える.

車輪径368Φ のセタ.

硫黄積込み場.ペルトコンベアで国鉄貨車へ積込まれる.

磐越西線D50旅客列車が行く国鉄川桁駅.国鉄から沼尻鉄道に接近する引込線.

磐越西線 川桁

0 件のコメント: