案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年4月18日日曜日

永平寺と芦原温泉を結ぶ電車

京福電気鉄道福井支社 永平寺線。
福井県の北陸本線金津(現 芦原温泉)から永平寺を結んでいた。
1969年に金津~東古市(今の永平寺口)間が廃止され、残る東古市~永平寺間も2002年に廃止された。

1968年1月に福井駅から入り、永平寺線に乗り雪の永平寺を訪問した。永平寺と金津の間を丸窓電車が単行で走っていて、これに乗ると芦原温泉、さらに三国線に乗継ぐと東尋坊へと出れる。
当時の福井支社の各路線は複雑に入り組んで大変分かりにくいが、撮った写真を見ると各支線はほぼ乗っていたようである。  

永平寺駅   1968.1.14 

永平寺駅  

金津(現JR・芦原温泉)駅

0 件のコメント: