案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2016年11月24日木曜日

鹿児島交通 昭和44年(3)

田辺さんが加児島交通(南薩鉄道)訪問でまず向かったのがやはり加世田の車庫であった。南薩鉄道といえば加世田そして小型蒸機の群れでしょう。蒸機は昭和23~38年にかけて廃止されていて昭和44に屋外に留置されていたのは小型Cタンクが4両、C12型が3両であった。

red50keiさんの鹿児島交通(南薩鉄道)のサイトに保存機関車の詳細が紹介されています。

1969.2.10 撮影:田辺多知夫氏
手前から2号機、1号機、4号機と並ぶCタンク機

2号機 大2年 HANOMAG製

1号機 大2年 HANOMAG製 シリンダーの位置が異色で前方に突出している.

4号機 大15年日車製

5号機 昭5年製 これがTMSスタイルブック(1963年)に図面が紹介されたあの汽車会社製南薩5号機.カツミ模型のCタンクはこれをイメージしたが動輪がまるで貧弱だった。

13、14、12号機

12号機

参考:鉄道ピクトリアル「私鉄車両めぐり」第6分冊 鹿児島交通・南薩鉄道 谷口良忠著
参考:交友社「機関車の系譜図2」臼井茂信著

2 件のコメント:

baishirou さんのコメント...

広田尚敬氏の名著カラーブックス『蒸気機関車』
(保育社刊)。小生の手許に来たのはまだ幼少の
万博の年。今では綺麗に保存されたであろう往年
「加世田のハノーバー」は今も尚、赤錆びたまま
薩摩の景色に溶け込んでいます。

katsu さんのコメント...

Baishirouさん
広田尚敬氏のカラーブックス『蒸気機関車』の初版は1968年でしたね。
“「加世田のハノーバー」は今も尚、赤錆びたまま” とは
これですね。http://gyojinsou.exblog.jp/18820327
田辺さんの1969年の写真もきっと赤錆びたままの蒸機で、薩摩の景色に溶け込んでいたのでしょう。