案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2012年2月28日火曜日

奥山線 オリンパスペンで撮った軽便風景4

気賀口に戻ってバスに乗り奥山廃線跡を車窓に見て向かったところは引佐町だったようだ。
気賀の奥にしては開けた町の中にあった旅館に1泊し、翌日もまた金指から「朝の軽便」を狙った。
爽やかな朝の陽を浴び、電車スタイル踏襲のキハ1802が客車1両を牽いてラッシュ時に活躍していた。

撮影: 1964.3.24


国鉄二俣線のC58と軽便が並んだ金指駅
キハ1802が朝の金指駅を出発し、三方原台地へ向かう.
祝田駅の朝
都田口駅の朝.坂を登り切った都田口で客車を1両増結した通勤通学列車.
客車2両を牽くと三方原台地の坂を登れなかったのでしょう

キハ1802の車内は浜松へ向かう客で満員. 画像クリックで拡大
廃線間近い軽便も朝は賑わっていた.


4 件のコメント:

toshi さんのコメント...

奥山線の知識は全くありませんが、wikiで予備知識を仕入れてヤフー地図の航空写真で金指駅西に陸橋跡が写っているのに驚きました。奥山に向かう廃線跡らしい場所に鉄橋らしいのも解りました。

私は現場体験は全くないのでヤフー地図で廃線跡探しをして楽しんでます。グーグルは写真が新しいので廃線跡が解りづらいです。10年以上前に廃線になっている部分の名鉄竹鼻線の大須駅近くを列車が走っているのが写っているんです(笑)

katsu さんのコメント...

toshiさん
ヤフーの航空写真で廃線跡を探して楽しむのは楽しそうですね。金指の陸橋跡は今でもモニュメントのように残してあると思います。
10年前の古い画像が残っているのですか。

私はグーグルのストリートビューでよく廃線跡の今を覗いてますが、確かに写真が新しくしかもドンドン鮮明になってきていますね。自分がその場へ行かなくても40~50年前と今の風景を対比できます。ただし地方ではカバーしてない領域が多いようです。

H.Kuma さんのコメント...

奥山線はほんとに良い風景ですね。
カーブして駅から離れて行くシーン等はグッと来るものがあります。
一昨年の暮れに旧二俣線に乗って金指駅を通りかかりました。
奥山線が立体交差していた遺構が一瞬車窓をよぎりました。

katsu さんのコメント...

Kumaさん
ありがとうございます。
以前、素晴らしい二俣線の乗車レポートを拝見したことがあります。金指にある遺構は10年ほど前に見に行きましたが、現役時代の立体交差が目に浮かびました。
また行ってみたいものです。