案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年9月30日木曜日

沼尻鉄道 木地小屋

会津下館で乗った列車は会津樋ノ口を過ぎ、山間を暫く行くと木地小屋に到着する。
木地小屋は駅というより停車場と言った方がよく似合う。駅舎の周りにある小さな集落以外、周辺には何もない荒涼とした平地である。列車の交換ができる線路配置だが他と同様にホームもなく駅らしきものはない。1月の寒さもあり何となく開拓地というイメージがしたものだった。ここから4Kmほど進むと終点沼尻に到着する。


午後の川桁行き上り列車

2003年に沼尻鉄道の廃線跡をたどってみたが、木地小屋の前後の区間は整備事業により軌道跡と判るものは消滅していた。停車場があった位置は正確には確認できなかったが、バス停の木地小屋でこの辺りに停車場があったことだけは判った。
バス停「木地小屋」   2003.11.22

0 件のコメント: