案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年8月31日火曜日

山峡に汽笛が響いた日

観音下 - 倉谷口     1970.11.3
                                                                                                
秋晴れの日、山間にかん高い汽笛を響かせて軽便蒸機列車がやってきた。
後方には鉱石運搬索道の防護柵が見える。観音下 - 倉谷口



2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

コメント欄復活!
いわゆる軽便風景が亡くなってから久しく、
この写真を見て思い出します。 青蛙

katsu さんのコメント...

青蛙さん
秋は軽便まつりのシーズン。
これから軽便のアップを増やして行きます。