案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年8月10日火曜日

仙北鉄道 スイッチバック駅 米谷

匿名 登米からやってきた列車が米谷駅へ到着する。 左手が米谷駅。 1964.8.4

北上川の土手に沿って瀬峰行き列車が行く

              スイッチバックした列車が瀬峰へ向かう 


匿名 匿名 さんは書きました...
軽便らしい雰囲気が伝わってくる一連の仙北鉄道の写真です。こんな風景、日本では見られないが、ゆったりとした時間の流れを感じますし、新たな発見をした思いです。青蛙
2010年8月12日 5:05
 削除
Blogger katsu さんは書きました...

青蛙さん
感想ありがとうございました。
私もいろいろと発見がありましたが、35mmで撮ったものより、ハーフサイズで撮ったものに楽しいのが沢山ありました。                                                                           

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

軽便らしい雰囲気が伝わってくる一連の仙北鉄道の写真です。こんな風景、日本では見られないが、ゆったりとした時間の流れを感じますし、新たな発見をした思いです。青蛙

katsu さんのコメント...

青蛙さん
感想ありがとうございました。
私もいろいろと発見がありましたが、35mmで撮ったものより、ハーフサイズで撮ったものに楽しいのが沢山ありました。