案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年6月28日月曜日

山形交通三山線

2012年7月22日 画像差替え

奥羽本線のC57と仙山線のED17が並ぶ山形駅.1966.3.6
ここで国鉄左沢線に乗換えて羽前高松へ向かう.

左沢線羽前高松駅に降りると「三山電車のりば」に電車が待っている。

 
 
羽前高松駅  1966.3.6
山形から国鉄ローカルの左沢線に乗り、羽前高松で降りると三山線羽前高松駅があった。ここから月山の入口 間沢まで、月山の山並みを背に果樹園の中をのんびり行く光景は、5月連休の頃が絶好であった。始めて訪問した3月初旬は、まだ寒々しい冬の光景で、左沢線ホームの脇に「三山電車のりば」の看板を掲げて電車が待っていた。

まだ雪が残る3月始めの果樹園を行く。

モハ106


モハ110形

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

閑散とした駅とひなびた田舎の風景。
遠い山々を背に冬空の中を走る電車。
忘却の彼方にひたすら思いをはせます。
青蛙

katsu さんのコメント...

青蛙さん
次々と消えて行く地方私鉄を伴に追い回し、今になって遠い昔の光景を微かに思い出しますね。

mohtyan1 さんのコメント...

はじめまして

物心ついた時から毎年一度、仙山線で仙台に出かけていました

懐かしいという程記憶が鮮明では有りませんが、ED17とC57の後方にタンクが見えるので山形駅の2、3番ホーム北側から撮影したものと推測いたします

三山線廃止の時は中学2年でした

katsu さんのコメント...

mohtyan1 さん
はじめまして
ED17とC57が並んだ写真は山形駅で安心しました。
あまり大きな駅ではなく左沢線が分岐する北山形ではないかと思ったのですが、仙山線のED17で山形駅だろうと思っていました。