案内文章

高度成長期に突入した1960年代は、地方私鉄の廃線が次々と続いた10年間であった
「終焉の地方私鉄」を全国に追い求め、
空腹と闘った旅で撮り溜めたネガ。
そんなネガを掘り起し、地方私鉄の1960年代
回想してみました。

2010年4月16日金曜日

淡路交通1 島の電車

アメブロに4月14日アップし後、こちらに移動。

淡路島の洲本から福良まで走っていた淡路交通。
1965年8月、夏休みの酷暑の中、淡路の道路の猛烈な埃をかぶりながら鉄道沿線を撮影した。
この頃は地方の道路は未舗装で淡路島でも道路沿いの草木や民家は埃だらけであった。
沿線撮影を終えてから福良で船に乗り鳴門海峡うず潮見物で埃だらけの身体を癒した。

淡路交通   1965.08.03


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

はじめまして、淡路島在中のNAOと申します。この電車の写真はどのあたりで撮影されたのでしょうか?

katsu さんのコメント...

NAOさん、はじめまして。
淡路交通のこの写真は撮影場所が不確かで記載してありませんでした。
日記からこの日の行動を追いかけてみたところ
撮った場所は二本松~納でした。
淡路の風景「島の電車」はいろいろありますので未公開画像と入替えて行こうと思っています。
どうか宜しくお願いします。